ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くれワンダーランド構想
くれワンダーランド構想のワクワク・イキイキする活動は、呉市Facebookでも日々発信しています。
呉市役所<外部リンク>

広島大学呉サテライトバナー

くれワンダーランド構想バナー


くれワンダーランド構想

くれワンダーランド構想

 豪雨災害からの本当の意味での復興、まちの再生を進めるためには、復興を実現していく中で、以前にも増して、女性も若者も高齢者も、誰もが今後も住み続けたい、外からも訪れてみたいと思えるような、これまで以上に魅力的なまちづくりを行うことが必要となります。
 くれワンダーランド構想は、「誰もが多様な夢に向かってチャレンジできるまち」、「創意工夫で時代を先取りする産業を創造できるまち」、「日本中、世界中から多くの人が集う交流都市・観光都市」を目指します。

○ 3つのVISION
【ビジョン1】 自然と調和した未来志向の「イキイキした呉」を構築
【ビジョン2】 女性と若者のチャレンジ支援と時代を先取る産業の創造
【ビジョン3】 世界に自慢できる交流都市への発展

呉駅周辺地域総合開発

 昨年度の「呉駅周辺地域総合開発に関する提言書」を踏まえ、今年度は、市の方針となる「基本計画」の策定に向けて、検討会を設置して取り組むとともに、事業の早期実現を目指します。

次世代モビリティ導入に向けた取り組み

・ 交通まちづくりに関するフォーラム、次世代モビリティ特別見学会
・ 次世代バスの公道走行体験

呉駅周辺地域総合開発基本計画検討会

・ 第1回(令和元年7月17日)

呉駅周辺地域総合開発に関する懇談会

・ 第1回(平成30年5月2日)
・ 第2回(平成30年10月26日)
・ 第3回(平成31年1月21日)
・ 第4回(平成31年3月27日)
・ 「駅を中心とした新たな呉のまちづくりに関するフォーラム」(平成31年3月27日)

ワクワク・イキイキする活動・取組

Googleマイマップで呉のまちを巡ってクレ!

・ Googleのマイマップ機能を活用した呉のスポット・情報をご紹介!!<外部リンク>

呉地域オープンカレッジネットワーク会議(OCN)

・ 地域活性化研究・学生の夢実現プロジェクトの選考結果<外部リンク>(外部サイトへリンク)

みんなの夢 アイディアコンテスト

・ みんなの夢 アイディアコンテスト データ集の公開<外部リンク>

くれワンダーランド構想推進会議

市役所だけでなく、むしろ市民の方々や民間企業を含めた呉市のみんなで、呉市を都会と同じようにワクワクイキイキしたまちにしていく取組を推進します。

 

令和元年度

・ 第1回(令和元年8月5日)

平成30年度

・ 第1回(平成30年5月17日)
・ 第2回(平成30年11月16日)
・ 第3回(平成31年2月7日)
・ 第4回(平成31年3月25日)
・ 平成30年度 くれワンダーランド構想推進会議 意見の概要 と 取組の状況 [PDFファイル/1.26MB]

青山クラブ・桜松館の活用

旧呉海軍下士官兵集会所等であった青山クラブについて、平成30年度に行われた耐震調査の結果を受けて、今年度は、ニーズ調査を実施します。

・ 青山クラブ・桜松館の活用
・ 青山クラブ等ニーズ調査・分析等業務公募型プロポーザル

呉市中小企業振興基本条例

中小企業や小規模企業の自助努力と創意工夫を地域社会全体で支援し、呉市の発展につなげることを明らかにするため、条例を制定しました。

・ 呉市中小企業振興基本条例パンフレット
・ 呉市中小企業・小規模企業振興基本条例実践シンポジウム(令和元年7月20日)

呉市中小企業振興基本条例(仮称)制定検討懇話会

過去の会議

・ 第1回(平成30年4月18日)
・ 第2回(平成30年5月30日)
・ 第3回(平成30年11月20日)
・ 第4回(平成31年1月30日)
・ 第5回(平成31年4月24日)

ワクワク・イキイキする活動を発信していく仕組み

  くれワンダーランド構想は、市民の方々や民間企業において、ワクワク・イキイキする活動が呉市全体に広がっていくことを目指しています。

画像
GoogleマイマップSNS・ハッシュタグ

マップ

Googleのマイマップ機能を活用することで、呉の情報を、皆さん誰でも発信することができます。Googleマップを呉のスポット・情報であふれさせましょう!
 → 詳しくはこちら

SNSハッシュタグ

呉の観光スポットや名物、そして、皆さんの笑顔を,SNSでハッシュタグを付けて発信してもらう仕組みです。呉市の魅力を発信してください!
 → 詳しくはこちら

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)