ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 広島県が緊急事態措置の実施区域に追加されたことを受けての市長メッセージ

広島県が緊急事態措置の実施区域に追加されたことを受けての市長メッセージ

皆さんこんにちは。呉市長の新原芳明です。
今,5月15日,21時を少しまわったところです。
ただいま,呉市の新型コロナウイルス感染症対策本部を開催し,緊急事態宣言の実施区域に広島県が追加されることを受けての呉市の方針を決定をいたしました。

新型コロナウイルス感染症について,政府は新たに広島県を含む3道県を明日16日から5月31日まで緊急事態措置を実施すべき区域に追加することを決定いたしました。
また,広島県も本日さきほど対策本部員会議を開催し感染拡大防止集中対策の一層の徹底を決定したところです。
こうした状況を受け,さきほど呉市においても,県外からのお客様の多い大和ミュージアムの休館を決めました。また広島県の対処方針をふまえて,文化・スポーツ施設などの開館時間の短縮を行うとともに呉市主催のイベントについても内容によっては中止・延期を行うこととします。
市民の皆様におかれましても,県の対処方針に従って,営業時間の短縮や休業,イベントの中止や延期など感染対策の徹底を行っていただきますようお願いいたします。
市民の皆様には,引き続き 「三つの密」や「感染リスクが高まる5つの場面」の回避などの「新しい生活様式」に基づいた対応をお願いいたします。あわせて日中も含めた不要不急の外出・移動については自粛し,知事も強くおっしゃっておられますが,外出時間を半分にしていただきますようお願いいたします。
呉市の最近の感染状況の特徴として,広島市など感染拡大地域との往来があった方,連休中に帰省された方,これらの方を介したとみられる感染もかなりの数確認されています。
そのため,感染拡大地域との往来や,他の地域への感染拡大を防止する観点から不要不急の都道府県間の移動については極力控えてくださ るようお願いします 。
発熱などの症状が出てから医療機関への受診までの間隔が空いた場合に,家族の方への感染が確認された例が複数あります。頭や喉が痛いなど,違和感がある場合には,ためらわず医療機関を受診してください。
事業者の皆様も,引き続き在宅勤務などにより,出勤者数の削減に努めていただきますようお願いいたします。
最後になりますが,感染リスクは誰にでもあります。
感染者を特定するような行為や,誹謗中傷・差別的な行為は絶対に行わないでください。
冷静な対応を心がけていただきますよう重ねてお願いをいたします。
引き続き,市民の皆様の安全・安心のために,新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けて,国や県と,全力をあげて対応してまいります。以上です。

令和3年5月15日
呉市新型コロナウイルス感染症対策本部
本部長 呉市長 新原 芳明

資料はこちら

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)