ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 市長の部屋

市長の部屋へようこそ

市制施行120周年 呉市記念日式典 呉市長式辞

 本日,ここに,呉市制施行120周年記念日式典を開催いたしましたところ,現職の総務大臣でいらっしゃる寺田代議士はじめ,そうそうたる御来賓の皆様をお迎えすることができました。御来賓の皆様をはじめ,御来場いただいた皆様には,貴重な時間を割いて御出席を賜り,ありがとうございます。

 振り返りますと,明治22年(1889年),呉鎮守府が開庁されたことにより,本格的な市街地の形成が進められ,明治35年(1902年)10月1日,人口6万人,全国で55番目に「呉市」が誕生いたしました。

 それ以来,戦前・戦中は,国の政策により,日本中から世界最高水準の人が,また,世界中から世界最高水準の技術が集まり,最先端の兵器の製造,戦艦大和などの艦艇の建造や航空機の開発を担いました。そして,日本一,そして世界でも有数の海軍工廠を擁するまちとして発展し,日本の近代化を牽引する特別重要な役割を果たして参りました。

 戦後は,廃墟の中から,平和産業港湾都市への転換を目指す「旧軍港市転換法」の制定を経て,瀬戸内海有数の臨海工業地帯として復興を遂げました。

 これにより,我が国の高度成長を推進する一翼を担って参りました。

 また,この間,豊かな自然,文化,歴史や地域産業を有する多くの町・村と合併することにより,バランスの取れた,懐の深いまちに生まれ変わりました。

 時代は様々に変化をして参りましたが,どの時代においても,市民が知恵を出し合い,助け合って,多くの試練を乗り越えて,今日の呉市を築き上げて来ました。

 近年,私共は,人口の減少・高齢化,平成30年7月豪雨災害,新型コロナウイルスの感染拡大,大手企業事業所の休止など,多くの課題を抱えております。これに立ち向かうため,海軍工廠の技術を活かしたものづくり産業,豊富な医療資源などを大事にし,ICTなどの最先端の技術を生活やビジネスに取り入れて参ります。そして,市民一人ひとりが主役となって,再び,日本中,世界中から多くの人が集まり,新たなチャレンジができる,新しい時代にふさわしい呉市,「イキイキと働き,豊かに安心して暮らし,ワクワク生きる」呉市を築いて参ります。

 また,本日の式典では,長年にわたり,各分野で地域社会に貢献された方々を表彰させていただきます。本日表彰をお受けになる皆様には,敬意と感謝の意を表します。

 最後に,本日の式典の主役である全ての市民の皆様の御多幸,御健勝をお祈りいたしまして,式辞とさせていただきます。

 

令和4年10月1日

呉市長 新原 芳明

 

市制施行120周年 呉市記念日式典 呉市長式辞1 市制施行120周年 呉市記念日式典 呉市長式辞2

安倍元内閣総理大臣の国葬儀に伴う市長コメント

 本日、安倍元総理の国葬儀に合わせて、市役所と市民センターで、半旗を掲げさせていただきました。
 また、職員が職員個々の判断により黙とうできるよう、庁内放送により、葬儀中の黙とう開始時間と終了時間を知らせました。
 7月12日のご葬儀の際に申し上げましたことと同じ内容ですが、もう一度あらためて申し上げます。
 安倍元総理には、平成30年7月豪雨災害の時、2度に亘って呉市に足を運んでいただきました。
 被災地や避難所をお訪ねいただいて、被災者の皆様から直接お話を聞いていただきました。
 呉市長として、私も随行させていただきましたが、被災された方々に寄り添って、優しく声をかけておられました。
 周りの方に丁寧な気遣いをされておられ、率直でお優しいご性格に感銘を受けました。
 官邸からのプッシュ型の行き届いた支援に加え、呉市役所で、直接要望を聴いていただき、担当省庁に指示もしていただきました。
 お陰で、多くの方々にお助けいただき、財政的にも災害に対応することができました。
 安倍元総理には大変感謝しております。
 あらためて、心から哀悼の意を表します。

令和4年9月27日
呉市長  新原 芳明

安倍元内閣総理大臣の御逝去に伴う市長コメント

 本日、安倍元総理の葬儀に合わせて、市役所と市民センターで、半旗を掲げさせていただきました。
 安倍元総理には、平成30年7月豪雨災害の時、2度に亘って呉市に足を運んでいただきました。
 被災地や避難所をお訪ねいただいて、被災者の皆様から直接お話を聞いていただきました。
 呉市長として、私も随行させていただきましたが、被災された方々に寄り添って、優しく声をかけておられました。
 周りの方に丁寧な気遣いをされておられ、率直でお優しいご性格に感銘を受けました。
 官邸からのプッシュ型の行き届いた支援に加え、呉市役所で、直接要望を聴いていただき、担当省庁に指示もしていただきました。
 お陰で、多くの方々にお助けいただき、財政的にも災害に対応することができました。
 安倍元総理には大変感謝しております。
 あらためて、心から哀悼の意を表します。

令和4年7月12日
呉市長  新原 芳明

 

三菱重工パワーインダストリー株式会社の松田取締役社長の来訪について

 6月3日,三菱重工パワーインダストリー株式会社の松田順一郎取締役社長が呉市長を訪問し,社長就任のあいさつを兼ね呉地区における今後の事業展開について説明がありました。

説明の趣旨

 三菱重工パワーインダストリー株式会社では,同社親会社である三菱重工業株式会社(以下「三菱重工」という。)の呉工場から最終的に125名の増員を受けるなど,三菱重工と共に呉地区における事業再編を順調に進めています。当社全体では呉地区以外を含めると三菱重工から約150名の人員を受入れし,増員と同時に今ある事業を伸ばすのはもちろんのこと三菱重工からの商権移管により事業の幅も広げ,当社事業を伸ばす貴重な戦力として活躍いただいています。
 商権移管による事業拡大としては,製紙工場特有の回収ボイラがあります。これは,パルプ製造工程で排出される廃液(黒液)を燃料とするボイラで,バイオマスエネルギーとして位置付けられ注目されています。呉市に関しましては,三菱重工の長崎工場が王子マテリアル株式会社呉工場様に納入している回収ボイラも今後は当社が対応させていただくことになります。
 蒸気タービンについても三菱重工所掌でしたが,中小型のものについて当社でできるようになり,設計及びメンテナンスは当社が行うこととなります。製作は比較的大きいものは三菱重工の長崎工場か日立工場で製作しますが,それ以外は外部で製作しており新日本造機株式会社様にもご協力いただいています。
 また,産業用プラント設備の遠隔監視・運転支援を行う「呉みらい館」により,当社呉事業所を国内各地の発電設備の安定稼働を行う拠点としてさらに充実させていきます。
 当社は,プラントエンジニアリング事業を行う会社として,技術開発,設計,物の調達,現地据付,試運転を行い顧客に納めています。その後は納めた設備のメンテナンスも行っています。
 設備の中でも鍵となるボイラ,タービン,環境装置を自社技術で行っているのが大きな特徴です。
 新原呉市長が市の施策として推進されている「脱炭素社会の実現に向けた呉市の貢献」ということを正に進めているところであり,脱炭素の動きは本当に大きなものですが,これをチャンスと考えています。
 当社は,国内産業用向け納入実績で50%を超えるシェアを持つリーディングカンパニーとして,脱炭素事業の担い手となれるよう呉市での事業展開に取り組んでまいります。

令和4年6月8日
呉市長 新原 芳明

呉市立呉高等学校入学式

 呉市立呉高等学校に入学された皆さん、おめでとうございます。
 また、ご家族の皆様おめでとうございます。

 桜が咲き、確実に春がめぐってまいりました。

 皆さんは、今日から高校生になりました。中学を卒業し、義務教育を終えられ、ご自分のお考えにもとづいて、進学をされました。
 皆さんは、まだまだ若く、これから大きく成長する過程にあります。これから皆さんが成長し、社会の中心となって活躍する時代には、今と世の中が大きく変わっているのではないかと思います。
 スマートフォンやタブレット、ドローンだけでなく、AIやロボット、これらが実用化されます。仕事の仕方が変わり、今のような仕事の仕方をもとに成り立っている社会の仕組みも大きく変わっているのではと思います。

 更に国内で育った人だけでなく、外国の人々と一緒に仕事をしたり、生活をしたりすることが当たり前のことになってくると思います。
 そういう時代には、他の人とのコミュニケーションの仕方も大きく変わってきていると思います。皆さんが、自分自身の意見をしっかり持つことによってコミュニケーション能力を高め、お互いに一人一人の気持ちを正しく理解し、その気持ちを尊重する、そういう社会となるよう、皆さん自身も、これからの3年間、努力をしていただきたいと思います。

 どうか、元気にのびのびと、学んでいただきたいと思います。そして、自分を大切にし、他人も大切にする心を持つ生徒、確かな学力を有し、個性豊かな魅力ある生徒となっていただきたいと思います。

 終わりに、中舛校長をはじめ教職員の皆様、そして関係者の皆様には、生徒の皆様のためにご尽力をお願いいたしまして、お祝いの言葉とさせていただきます。おめでとうございます。

令和4年4月6日
呉市長 新原 芳明

映画「ドライブ・マイ・カー」第94回米アカデミー賞国際長編映画賞受賞に対する市長メッセージ

 映画「ドライブ・マイ・カー」の第94回米アカデミー賞国際長編映画賞受賞,おめでとうございます。

 また,受賞は逃しましたが,日本映画としては初めて作品賞,脚色賞にノミネートされました。また,日本初ではありませんが,監督賞にもノミネートされました。

 呉市の安芸灘大橋,豊浜大橋,御手洗など海の風景が美しく紹介された本作品が,米アカデミー賞を受賞したことを大変喜んでおります。

 是非,本作品を通じて,呉市の安芸灘地域をはじめとする島々を知っていただき,多くの方々に呉市に来ていただいて,実際に五感でその魅力を味わっていただきたいと思います。

令和4年3月28日
呉市長 新原 芳明

ウクライナ避難民の呉市への受入れについて

 令和4年(2022年)2月24日,ロシア連邦によるウクライナへの軍事侵攻が始まり,多くの子どもたちを含めた民間人の犠牲者が報道されています。
この決して許されることがない他国への軍事侵攻に対して,呉市議会におきましては,3月4日,「ロシア連邦のウクライナ侵略に対して平和的解決を求める決議」を行い,私も議長と連名で,この侵略行為に対する抗議文をロシア大使館に提出いたしました。
 しかしながら,そうした中においても,民間人を含む多くのウクライナ国民の犠牲者を伴いながら,その戦火は拡大し続けています。
 現在,その戦火は,170万人以上(※)とも言われる難民を生み,欧州における第二次世界大戦以降で最大の難民危機であるとも言われています。
 本市は,国際貢献及び人道支援の観点から,ミャンマー難民を受け入れ,定住に向けて,通訳や生活支援員の配置などによって支えております。また,日本人と外国人という垣根を越え,同じ住民として,一人ひとりが持つ個性や習慣,文化が尊重されるまちづくりを推進するため,国際交流協会をはじめとした様々な団体が活動されています。
 国におかれては,現在,避難民の受け入れについて検討されておりますので,本市におきましても,ロシア軍の侵攻によって,国を去らざるを得なくなったウクライナ国民の皆様を受け入れ,支えてまいりたいと考えています。 

                                                      

令和4年(2022年)3月8日
呉市長 新原 芳明

(※)国連難民高等弁務官事務所発表(3/7)