ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 呉市議会 > 旧そごう呉店の跡地(土地・建物)の活用について

旧そごう呉店の跡地(土地・建物)の活用について

 
案 件 名

旧そごう呉店の跡地(土地・建物)の活用について

付議された委員会

総務委員会

委員会開催日

平成29年9月8日

案件の概要等

 平成25年1月31日に閉店したそごう呉店跡地について、権利関係者との協議が整ったため、売却に向けて公募型プロポーザルを実施し、後継事業者を募集するもの。
 売却条件は、(1)商業施設及びその他賑わい施設を立地すること、(2)土地と建物は現状のままで一括売却すること、(3)最低売却価格は設定しないこととし、審査基準は、にぎわいの創出、土地の高度利用、都市機能の充実、購入希望価格等の審査項目を点数化し、総合的に評価するとしている。
 なお、公募型プロポーザルの実施時期は未定。
 また、そごう呉店の跡地活用を促進するため、新たな助成金を創設する予定としている。

 委員会では、跡地の売却に当たり、市がどのように関わっていくのかという質疑や、プロポーザルの内容などについて質疑が行われた。
 新たに創設される助成制度についての質疑では、条件を満たせば、建てかえの場合は5億円、改修の場合は3億円の助成を予定していると答弁があった。
 そのほか、呉市の玄関口にふさわしい整備を検討すべきであり、風俗営業法の規制対象となる施設が立地することはないのかという質疑や、権利者が合同で売却の相手方を募集するのではなく、一旦呉市が土地、建物をすべて買い取り、その後の活用を検討したほうがよいのではないかという意見が出された。

資 料(行政報告)旧そごう呉店の跡地(土地・建物)の活用について [PDFファイル/198KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)