ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 呉市議会 > JR新広駅整備事業について

JR新広駅整備事業について

 
案 件 名JR新広駅整備事業について
付議された委員会総合交通対策特別委員会
委員会開催日平成28年6月3日
案件の概要等

 JR新広駅は,平成14年3月の開業以来,年々利用者が増加しており,また,新広駅周辺地域は呉市東部地区の拠点であることから,JR西日本と協力し,駅の利便性・安全性の向上を目的とした整備を実施する。
 主な整備の内容は,みどりの窓口設置,自動改札機の増設などで,呉市の負担は,1億7,461万円(概算)の予定である。
 これらの整備によって,現在は購入できない定期券や,新幹線の切符などが購入できるようになり,利用者の利便性が向上する。加えて,利用者の安全性向上のため,JR西日本がホームの拡幅工事を行う。

 委員会では,駅舎整備後の状況について質疑が行われた。現在の冷暖房が完備され,売店が設置されている待合所は廃止し,改札口の前にいすが設置されるのみであるという当局の回答に対し,委員からは,地元の声に配慮するべきではないかという意見が出された。
 また,整備後の駅舎の維持管理費にかかる質疑などが行われた。

資 料2806_JR新広駅整備事業 [PDFファイル/249KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)