ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 高齢・介護 > 高齢者福祉・介護保険 > 申請から利用までの流れ
トップページ > ライフイベント > 高齢者・介護 > 申請から利用までの流れ
トップページ > 保険・年金 > 介護保険 > 申請から利用までの流れ
トップページ > 福祉 > 高齢 > 申請から利用までの流れ

申請から利用までの流れ


 介護保険サービスを利用する場合は,まず要介護・要支援認定を受ける必要があります。以下に手続きの流れについて紹介します。

 サービス利用の流れ

要介護認定の申請

申請の目安

 
区分対象者
65歳以上の方
(第1号被保険者)
日常生活において介護や支援が必要な方
40歳以上65歳未満の方
(第2号被保険者)
加齢による病気(特定疾病)により介護や支援が必要となった方

※注意事項※

・高齢であって,健康で自立した生活をされている方が申請された時は,認定が「非該当」となることがあります。申請は介護サービスが必要となった時に行うことをお勧めします。
・「非該当」または介護保険未認定の方については介護保険給付対象外のサービスで,地域支援事業等が御利用頂けます。
詳しくは,介護保険課認定Gまたは各地域包括支援センターまで。

申請手続き

 
提出先介護保険課(市役所1階)・各市民センター
提出時必要なもの65歳以上・介護保険被保険者証(紛失した場合はその旨伝えてください)
・主治医氏名がわかるもの
・本人確認書類の提示
40歳以上65歳未満・健康保険証
・主治医氏名がわかるもの
・本人確認書類の提示

※主治医がおられない方については,呉市が紹介する医師に診断を受けていただく必要がありますので,御相談ください。(介護保険課認定G 0823-25-3175)

代行申請について

 
本人以外による代行手続きも可能です。
代行者ご家族
地域包括支援センター
居宅介護支援事業所
介護保険施設(特養養護老人ホーム・老人保健施設・療養病床等)

※代行申請の場合は,各事業所にご相談ください。

訪問調査

  認定調査員が家庭等に訪問して,本人や家族から心身の状態,日頃の様子などをうかがいます。入院中の方は,病院にうかがいます。

かかりつけ医の意見書

  申請時記入していただいた「かかりつけ医」へ意見書を作成してもらうよう呉市から依頼します。(本人の手続きはありません。)

認定審査会の判定

  学識経験者で構成される「介護認定審査会」で,訪問調査の結果と「かかりつけ医の意見書」をもとに,要介護度や認定の有効期間などを総合的に審査・判定します。

認定結果の通知

 「介護認定審査会」で審査された要介護度等を決定し,本人にお知らせします。
※原則として30日以内に通知されます。新しい介護保険被保険者証も同封します。

「居宅介護サービス計画」及び「介護予防サービス計画」の作成

 サービスを利用する場合は,居宅介護サービス計画(要介護1~5の方)が必要です。計画の作成は居宅介護支援事業所に依頼することができます。

 介護予防サービス計画(要支援1・2の方)については,利用者の方のご住所がある各地域の地域包括支援センターが作成する(住所地特例対象者に対する介護予防サービス計画については,施設の所在地の地域包括支援センターが作成する)ことになっています。
 ※(本人の費用負担はありません。)

サービスには1か月に利用できる額の上限があります。

 
要介護状態区分在宅サービスの
費用の合計(1か月)
要支援150,030円
要支援2104,730円
要介護1166,920円
要介護2196,160円
要介護3269,310円
要介護4308,060円
要介護5360,650円

サービス利用の開始

  サービス計画に基づいたサービスを受けます。(利用するサービスごとにサービスを提供する事業者と契約を結びます。)なお,サービスの詳細については「介護サービスの内容」を参照してください。

要介護認定の更新申請

  認定には有効期間があります。サービスを引き続き受ける場合は,有効期限満了日の60日前から,更新申請の手続きが必要になります。

v なお,有効期限内に心身の状態が変化し,要介護区分の変更が必要となった時には,区分変更申請をすることもできます。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)