ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 呉市議会 > 苗代工業団地(第1期)の分譲及び事業総括について(報告)

苗代工業団地(第1期)の分譲及び事業総括について(報告)

 
案 件 名苗代工業団地(第1期)の分譲及び事業総括について(報告)
付議された委員会産業建設委員会
委員会開催日平成30年3月9日
案件の概要等

 苗代工業団地は、平成19年3月に完成した第1期と平成23年3月完成した第2期があり、このたび第1期の区画2-1を分譲した。
 分譲面積は1万9.59平方メートルで、分譲価格は2億8,698万5,907円、契約締結年月日は平成30年2月20日。分譲の相手方は株式会社ヒロコージェットテクノロジー。ジェットエンジン部品、航空機材用専用測定器等の製造工場を建設し、平成30年7月の操業開始を予定している。また、新工場建設に当たり、正社員10名の新規雇用を予定している。
 このたびの分譲は、工場等の延べ床面積1,000平方メートル以上、新規雇用従業者5名以上という要件を満たしているため、呉市企業立地条例に基づき、土地取得費・設備取得費・新規雇用・固定資産税に係る助成措置を行う。
 このたびの分譲により、苗代工業団地は完売となったが、事業効果として、146人の新規雇用、年間約55億6,000万円の出荷額(売上高)、約82億2,000万円の設備投資があり、成長分野である航空機関企業、自動車関係企業、県内唯一の水道メーター製造企業などオンリーワン、ナンバーワン企業が集積することとなった。 

 委員会では、
 苗代工業団地に進出した企業は全て呉市内に本社がある企業かという質疑に対し、1社だけが広島市内に本社がある企業であるが、これまでに県外の企業からも問い合わせがあったと答弁した。
 そのほか、株式会社ヒロコージェットテクノロジーが既に進出している区画1とこのたび立地する区画2-1が離れている理由、財産の処分議案を議決した際の売却予定価格、雇用された従業員の正規と非正規の内訳などについて質疑が行われた。
 また、議決された売却予定価格が幾らで、実際の売却価格が幾らだったという報告は必要だという意見が出された。

資 料苗代工業団地(第1期)の分譲及び事業総括について(報告) [PDFファイル/383KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)