ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 呉市議会 > 苗代工業団地(第2期)の分譲について(報告)

苗代工業団地(第2期)の分譲について(報告)

 
案 件 名苗代工業団地(第2期)の分譲について(報告)
付議された委員会産業建設委員会
委員会開催日平成29年6月1日
案件の概要等

  苗代工業団地は、平成19年3月に完成した第1期と平成23年3月完成した第2期があり、このたび第2期の区画6-1、6-2を分譲した。
 区画6-1の分譲面積は2万7,648.03平方メートルで、分譲価格は6億5,273万3,762円、契約締結年月日は平成29年4月27日。分譲の相手方は、ベンダ工業株式会社で、現所在地は呉市川尻町。輸送用機械器具の製造工場・倉庫を建設し、平成30年3月の操業開始を予定している。また、新工場建設に当たり、正社員5名の新規雇用を予定している。
 区画6-2の分譲面積は1万3,587.14平方メートル、分譲価格は3億3,596万7,814円で、契約締結年月日は平成29年3月7日。分譲の相手方は、株式会社テクノス西本で、現所在地は広島市南区月見町。機械部品加工、製缶容器等の工場を建設し、平成30年2月の操業開始を予定している。また、新工場建設に当たり、正社員7名の新規雇用を予定している。
 このたびの分譲は、工場等の延べ床面積1,000平方メートル以上、新規雇用従業者5名以上という要件を満たしているため、呉市企業立地条例に基づき、土地取得費・設備取得費・新規雇用・固定資産税に係る助成措置を行う。
 なお、苗代工業団地(第2期)は今回の分譲により完売となった。

 委員会では、2社は苗代工業団地へ新規進出かという質疑に対し、
ベンダ工業株式会社は新規進出、株式会社テクノス西本は東広島市からの移転と答弁した。
 そのほか、2社が苗代工業団地の分譲地を購入した理由、未分譲の第1期区画2-1の現状などについて質疑が行われた。

資 料苗代工業団地(第2期)の分譲について(報告) [PDFファイル/347KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)