ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 呉市消防局 > 大規模災害対応訓練施設を活用した第1回市民講習開催

大規模災害対応訓練施設を活用した第1回市民講習開催

 当局において新しく完成した大規模災害対応訓練施設を使用し,自主防災組織等の活性化及び地域防災力の向上を図り,地域住民との連携強化を目的とした市民講習の受付を令和4年4月から開始したところです。
 数多くの受講依頼をいただいているなか,第1回目の市民講習が開催されました。

 【訓練実施日時】
 令和4年5月14日 土曜日
 10時00分~11時30分

 【参加団体】
 阿賀神立自主防災会        8名
 釣士田区自治会          10名
 宮原地区まちづくり推進委員会 18名

 【受講内容】
 1.水防講習
  (1) 土のう作成
  (2) 土のう積み工法
  (3) ビニール張り工法
 2.応急処置講習

 

1.水防講習

(1)土のう作成

 土のうの使用目的,土の投入量,口紐の縛り方等を説明をした後に,受講者2名1組となり,土のうを作成しました。

   s       image       image

(2)土のう積み工法

 土のうの主な積み方,設置する方向などの注意点を説明した後に,各団体に分かれて小口積み工法を実施しました。

   image       image       image 

(3)シート張り工法

シート張り工法を行う目的,シート同士の繋ぎ方,重し土のうの結着方法を説明した後に,各団体に分かれてシート張り工法を実施しました。

   image       image        image

2.応急処置講習

負傷者を搬送する方法や応急手当(止血法や骨折時の固定方法)を一般家庭や身近にある物で代用できる方法を展示説明しました。

   image        image        image

 

 

 

市民講習の詳細については,当局ホームページ【講習・試験】→【その他の講習に関すること】→【大規模災害対応訓練施設の完成と市民講習のお知らせ】に掲載しています。