ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 呉市上下水道局 > 長期間不在にされるときは,元栓(第2止水栓)を閉めましょう
  • 上下水道事業のご紹介
  • 上下水道をご利用のお客様へ
  • 工事などを行う事業者の方へ
  • 使用開始・中止
  • 断水・濁水情報
  • 料金について
  • Q&A
  • 連絡先
  • メールでのお問い合わせ

長期間不在にされるときは,元栓(第2止水栓)を閉めましょう

  

転勤・出張・入院等で長期間不在にされる場合は,元栓(第2止水栓))を閉めましょう。

 ここ数年,長期間(数か月)不在にされていたお宅での漏水が多発しています。中には,1,000㎥(一般的な家庭の使用水量50か月に相当)以上の漏水が発生した事例もあります。

  お留守の間に地下漏水などが発生した場合,水道料金が高額となるおそれがあること,土地崩落や家屋倒壊等,二次災害のおそれがあること,また,大切な資源である「水」を無駄にしないという観点からも,お客様一人ひとりに気をつけていただくことが重要です。

 元栓(第2止水栓)は,通常,メータボックス内やその近くにあります(レバー式やハンドル式など)が,万が一場所お分かりにならない場合は,営業課給排水設備グループ(TEL26-1640)にお問い合わせください。

 水道の元栓を閉めても,老朽化などが原因で水が止まらない場合は,原則として,お客様のご負担で修理をしていただく必要があります。
 修理をされるときは,呉市指定給水装置工事事業者にご依頼ください。
 呉市指定給水装置工事事業者名簿はこちら→
http://www.city.kure.lg.jp/site/jougesui/customer-shiteigyosha.html

               shisuisen