ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文化財施設 > 文化財 > 呉市の文化財 > 入れ歯(宮盛区旧家)|呉市の文化財

入れ歯(宮盛区旧家)|呉市の文化財

入れ歯 
いれば

入れ歯市有形文化財 昭和61.11.1

 入れ歯は,万治元年(1658年)江戸で口科を開業した小野玄人が,総入れ歯法を発明したのが世界で最初と言われています。外国では,文政12年(1829年)イギリスで陶製の義歯が造られました。

 この入れ歯は,最大巾5.8cm,厚み1.3cm,前歯長さ1.3cmで,昭和57年(1982年)宮盛区の旧家で,天保時代の古文書とともに見つかりました。ツゲの木で造った上顎総義歯は,女性のものらしく,お歯黒がついています。

 また,和紙片が付着していることから,和紙を貼り付けて挿入定着させたと考えられます。

所在地

蒲刈町大浦(かまがり古代製塩遺跡復元展示館)     

交通案内

「県民の浜」バス停下車,徒歩約4分