ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文化財施設 > 文化財 > 呉市の文化財 > 宇津神社棟札|呉市の文化財

宇津神社棟札|呉市の文化財

宇津神社棟札
うつじんじゃむなふだ

宇津神社棟札 市有形文化財 平成25.4.24

 宇津神社棟札は,中世以降から今日までのものが残っており,写し棟札をあわせると51枚にもなります。一番古い棟札として,鎌倉時代の棟札(文保2年(1318))も残っています。

 また,棟札に書かれている記述により,当地が伊予国(現在の愛媛県)から安芸国(現在の広島県)へと所領を変えたことや当地の地名が大条から大長へ変わったことなどが見てとれます。

 これら棟札は,資料的に恵まれない瀬戸内島嶼の姿を伝える貴重な資料といえます。 

所在地

豊町大長

交通案内

さんようバス「団地センター」バス停下車,徒歩約7分