ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文化財施設 > 文化財 > 呉市の文化財 > 旧金子家住宅|呉市の文化財

旧金子家住宅|呉市の文化財

旧金子家住宅
きゅうかねこけじゅうたく

旧金子家住宅市有形文化財 平成23.4.28

 旧金子家住宅は,江戸時代に御手洗の庄屋役であった金子家が,様々な要人を接待するために建設した茶室を含む数寄屋座敷と長屋門からなる複合建築です。

 幕末期には,長州藩と広島藩が倒幕のための軍事協定(御手洗条約)を締結したと文献に記されており,御手洗と広島藩との結びつきを知る上でも重要な建物です。

 お茶室は,3畳台目で躙口と下地窓を3方向に配した特徴ある作りで,建築意匠,材料,施工とも上質であり建築様式の特徴から江戸時代後期に建築されたものです。

所在地

豊町御手洗字常盤町(重伝建地区内)

交通案内

さんようバス「御手洗港」バス停下車,徒歩約2分