ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

船宿|呉市の文化財

船宿(旧村井・旧木村・北川家住宅) 
ふなやど(きゅうむらい・きゅうきむら・きたがわけじゅうたく)    

船宿(旧村井・旧木村・北川家住宅)     市有形文化財  平成6.12.8

 船宿の平面部は,1階部分においては,3軒とも片側に土間を通した1列2室型であり,表側半間が縁の扱いになり,4畳半の「みせ」と6畳及び8畳の「ざしき」が続いており,2階部分は階段の踊場部分に3畳部があてられ,残りは間口一杯まで部屋が取られていたと推測されています。船宿を勤めていたのは,3軒の真ん中に位置する木村家であり,江戸時代において,屋号を「若本屋」といい,宇和島藩・大洲藩指定の船宿でした。

 当時御手洗には西国の藩指定の船宿が数多くありましたが,現存するものは,延岡藩指定の「竹原屋」(広島県指定史跡「御手洗七卿落遺跡」),鹿児島藩・熊本藩指定の「脇屋」と「若本屋」のみとなっております。

所 在 地

豊町御手洗字住吉町(重伝建地区内)     

交通案内

さんようバス「住吉神社前」バス停下車,徒歩約1分