ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

石皿|呉市の文化財

石皿
いしざら

石皿有形文化財 昭和54.12.1

 丸尾遺跡(大浦地区)から出土した,長さ38.7cm,巾27.5cm,厚さ5cm,黒雲母白雲母片岩の石皿で縄文時代後期のものです。

 果実等を粉末にするのに使用したと考えられ,この石皿は楕円形で,円運動により粉末にした擦痕があります。縄文時代の食文化を知るうえで重要なものです。

所在地

蒲刈町大浦(かまがり古代製塩遺跡復元展示館)     

交通案内

「県民の浜」バス停下車,徒歩約4分