ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文化財施設 > 文化財 > 呉市の文化財 > 持国天・増長天立像|呉市の文化財

持国天・増長天立像|呉市の文化財

持国天・増長天立像 
じこくてん・ぞうちょうてんりゅうぞう

持国天・増長天立像


市有形文化財 平成11.12.3

 持国天の像高101.1cm,増長天の像高103.5cmで,二天共に檜材,平安時代(12世紀前半)のものです。

 また,二天ともに瞋目念怒の面相でありますが,激しい誇張は行わず,肉取り豊かでおだやかな表現になっています。また,片手を振り上げ両足を開いて構え,腰にひねりをきかせた体躯の動きが的確に造形されており,中央の作風を学んだ巧みな作技を見ることができます。螺髻(らけい)の形式,列弁文で飾った天冠台,落ち着いた面貌表現,丸みのある体躯の肉取り,彫りの浅いおだやかな衣文のさばきなど,いずれも平安時代後期の特色を備えています。


 蒲刈町における藤原彫刻の展開を実証する重要な造像例です。 (写真は,増長天立像)  

所在地

蒲刈町大浦(東善寺)     

交通案内

「宮田大橋」バス停下車,徒歩約15分

御開帳時以外では一般公開されていません