ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文化財施設 > 文化財 > 呉市の文化財 > 眞光寺の梵鐘|呉市の文化財

眞光寺の梵鐘|呉市の文化財

眞光寺の梵鐘 
しんこうじのぼんしょう

眞光寺の梵鐘


市有形文化財 昭和41.10.1

 眞光寺は,広町大広にあります。当寺は,はじめ弘治2年(1556年),禅寺浄泉寺として建てられ,のち慶長8年(1603年),一説に寛永年間(1624~1643),真宗に改めて寺号を眞光寺とし,今日に及んでいます。

 梵鐘は,元禄元年(1688年)の鋳造,作者は分かりませんが,戦争中も特に保存価値のあるものとして軍への供出を逃れました。重さは60貫(225kg)くらいで大きなものではありませんが,青銅色の美しい鐘で,側面には2体の阿弥陀如来像(あみだにょらいぞう)が彫り込まれています。鐘銘には,「正覚大音 響流十方 人雄師子 神徳無量・・・元禄元年戌辰(つちのえたつ)十一月日」とあり,「願主・釋空心(しゃくくうしん)」の名が刻まれています。

所在地

広大広2丁目

交通案内

「大広」バス停下車,徒歩約3分