ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文化財施設 > 文化財 > 呉市の文化財 > 澤原家近世・近代史料|呉市の文化財

澤原家近世・近代史料|呉市の文化財

澤原家近世・近代史料 
さわはらけきんせい・きんだいしりょう

澤原家近世・近代史料


市有形文化財 昭和57.10.1

 澤原家は,江戸時代後期に多年に渡って,庄屋・割庄屋を,明治以降は安芸郡長・呉市長・貴族院議員を勤めてきました。呉市史編纂室では,2年間に及ぶ調査を実施し,8,256点の史料を整理しています。

 これらの文書の中では,浅野藩が『芸藩通志』を編さんするために,藩内各村に提出を命じた書上帳をまとめた文化・文政期の各村の人口・戸数・石高・産業・地理・風俗などを記録した「文化度国郡誌」が最もまとまった史料と言えます。

 なお,史料は呉市入船山記念館において保管しています。

所在地

入船山記念館

交通案内

一般公開されていません