ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文化財施設 > 文化財 > 呉市の文化財 > 神田神社の絵馬|呉市の文化財

神田神社の絵馬|呉市の文化財

神田神社の絵馬 
かんだじんじゃのえま

神田神社の絵馬


市有形文化財 昭和47.3.31

 安永7年(1778年)に再建された拝殿(はいでん)には,60点以上の絵馬が飾られています。江戸時代に神社で行われた歌舞伎の様子や当時の風俗や生活が描かれたものがあります。その中には頼春風が描いたもの,勝海舟がしたためた書など,県内でも珍しいものも含まれています。

 もともと,神社に「願」をかける時や「祈願成就」のお礼として,生きた馬を奉納する習慣がありましたが,板に馬の絵を描いてその代わりとしたことから,絵馬が始まったと言われています。近世になると,馬以外の題材も扱われるようになり,各種の絵馬が生まれました。

 神田神社に奉納されたもののほとんどは,江戸時代中期以降のもので,その内の10点は奉納年代がはっきりとわかっています。

所在地

阿賀中央1丁目

交通案内

「休山新道東(神田神社前)」バス停下車,約1分または
「阿賀海岸通」バス停下車,約10分