ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文化財施設 > 文化財 > 呉市の文化財 > 絵巻物「浦島測量之図」|呉市の文化財

絵巻物「浦島測量之図」|呉市の文化財

絵巻物「浦島測量之図」 
えまきもの「うらしまそくりょうのず」

絵巻物「浦島測量之図」


市有形文化財 昭和47.10.1

 「浦島測量之図」は,幕府の命令によって測量した伊能忠敬(いのうただたか)が,文化3年(1806年)呉地方を測量したときの様子を描いたものです。

 忠敬は,文化3年3月9日から19日まで,呉地方の測量を実施し,この間,川尻村・瀬戸島(音戸町)・宮原村呉町に宿泊し測量の足場としました。

 絵巻物は,海辺で忠敬が測量している様子を描いた「浦島測量之図」から始まり,星を見上げて度数を測っている忠敬を描いた「夜中測量之図」,測量器械類の図と説明の書いたものがあります。

 最後には,測量隊一行の人名,尾道から広島までの日程表,広島藩から差出した御船手人名が書かれています。

所在地

入船山記念館

交通案内

「入船山公園」「国立病院」バス停下車,徒歩約1分または
「眼鏡橋」バス停下車,徒歩約3分

企画展示以外では一般公開されていません