ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文化財施設 > 文化財 > 呉市の文化財 > 宇都宮黙霖翁終焉の地|呉市の文化財

宇都宮黙霖翁終焉の地|呉市の文化財

宇都宮黙霖翁終焉の地 
うつのみやもくりんおうしゅうえんのち

宇都宮黙霖翁終焉の地


市史跡 昭和51.10.1

 郷土の生んだ思想界の先覚者 宇都宮黙霖は,文政7年(1824年)に安芸国賀茂郡広村長浜の住蓮寺に生まれました。生まれつきの才能と大変な努力によって,漢学,国学,仏教学を修め,21歳で全国修学の旅に出ました。しかし,大病を患い生命は助かったものの,耳は聞こえなくなり,話すことも不自由な身体となりました。

 22歳で寛了の名で僧りょとなり,黙霖と号し,やがて尊王倒幕思想を確立,全国40余国を筆談をもって歴訪し,約3千人に及ぶ志士,学者,高僧と尊王論をたたかわせて活躍しました。特に,吉田松陰とは,激しい書簡のやり取りによって大きな影響を与え,明治維新の陰の力になったとも言われています。

 維新後は,僧りょをはなれ,湊川神社・男山八幡宮などの神官に任ぜられますが,短期間で辞して郷土に帰り,著述に専念し,明治20年代に澤原為綱氏の屋敷(長ノ木町)に迎えられ,明治30年(1897年)9月15日,74歳で亡くなりました。

所在地

長ノ木町

交通案内

「東中央2丁目」バス停下車,徒歩約3分