ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 呉市議会 > 新庁舎における総合窓口の業務運営について

新庁舎における総合窓口の業務運営について

 
案 件 名

新庁舎における総合窓口の業務運営について

付議された委員会民生委員会
委員会開催日平成28年5月31日
案件の概要等

  平成28年2月に開庁した新庁舎の総合窓口について,案内係の設置,ワンストップサービスの充実など,より市民に便利に利用していただくために取り組んだこと,3月7日から10日間行われた窓口アンケートの実施結果が報告された。また,「案内表示がわかりにくい」,「職員が案内係を担い続けることは適切か」など市民や民生委員会委員から改善を求められた意見に対する取り組み状況も報告された。市としては,よりよい総合窓口の開設に向けて,新庁舎開庁前から関係部署が連携協力して取り組んだことで,職員がお客様目線に立ったサービスを提供しようとする意識が高まり,市民満足度の向上につながったことは大きな成果であると考えており,今後も引き続き,迅速・親身・的確な行政サービスの提供を目指すとしている。

  委員会では,全来庁者に占める総合窓口来庁者の割合,市職員から出された窓口改善のための意見,すこやかセンターにある保健所との連携などについて質疑が行われた。また,すこやかセンターでの嘱託職員による案内,各課連携による効率的な業務運営について意見が出された。

資 料新庁舎における総合窓口の業務運営について [PDFファイル/368KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)