ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 呉市議会 > 議第106号、議第110号、議第111号 専決処分の承認について 

議第106号、議第110号、議第111号 専決処分の承認について 

 
案 件 名議第106号 専決処分の承認について
議第110号 専決処分の承認について

議第111号 専決処分の承認について
提出日平成29年9月4日
付議された委員会文教企業委員会(議第106号)
産業建設委員会(議第110号、議第111号)
委員会付託日平成29年9月6日
委員会開催日平成29年9月12日(連合審査会及び文教企業委員会)
平成29年9月13日(産業建設委員会)
委員会審査結果

承認(文教企業委員会)
承認(産業建設委員会)

議決結果承認(文教企業委員会)
承認(産業建設委員会)
議決年月日平成29年9月15日
案件の概要等

 グリーンピアせとうちの指定管理者であった株式会社ゆうとぴあセトウチは、平成24年度12月検針分の水道料金から滞りがあり、書面により滞納分の支払いを求めたが、平成28年10月13日以降納入がなかった。また、平成27年度指定管理者負担金のうち、1,770万円を納期限までに支払わず、再三、その支払いを求めたが、一向に納入されなかった。さらに、平成29年3月1日午前11時をもって中国電力株式会社から電気供給契約を解約されたことを受けて、呉市が電気使用に係る料金として支払った金額に相当する額の支払いを求めたが、納期限までに支払いがなかった。
 平成29年8月8日付で最終催告書により支払いを求めたが、これにも応じなかったため、もはや自発的に納付する意思がないと判断し、裁判所に訴えを提起したことに対して、議会の承認を求めるもの。

 委員会では、なぜ専決処分を行ってまで訴訟提起を急ぐ必要があったのかという質疑に対し、市は、(1)呉市として当該債権を訴訟で回収するという確固たる意思を早期に相手方に明確に示すため、(2)速やかに訴訟提起することにより、債権回収の可能性を高めるため、(3)現在呉市を被告とする3件の訴訟が継続中であり、これら訴訟に対して有利に働くと考えたためであると答弁した。
 そのほか、前指定管理者の指定議案提出時での水道料金及び指定管理者負担金の滞納状況、ゆうとぴあセトウチが有している資産の把握、前指定管理者の指定取り消しから現指定管理者によるリニューアルオープンまでの状況などについて質疑が行われた。

資 料

106議案書 [PDFファイル/72KB] 110議案書 [PDFファイル/77KB] 111議案書 [PDFファイル/80KB]
106議案資料 [PDFファイル/95KB] 110議案資料 [PDFファイル/92KB] 111議案資料 [PDFファイル/97KB] 

 議第106号は文教企業委員会に付託されたが、産業建設委員会の所管と関係があり、また、議第110号及び議第111号とも関連があるので、産業建設委員会文教企業委員会連合審査会を開催して一括で質疑を行い、討論・採決はそれぞれ付託された委員会で行いました。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)