ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 呉市議会 > 公共工事(施設管理部)の発注について(報告)2件

公共工事(施設管理部)の発注について(報告)2件

 
案 件 名公共工事(施設管理部)の発注について(報告)2件
付議された委員会文教企業委員会
委員会開催日平成29年9月12日
案件の概要等

 現在、宮原浄水場の敷地内には、呉市が運営する「呉市単独施設」と広島県水道用水供給水道事業における「広島県専用施設」がある。
 本2件の工事は、宮原浄水場内の新管理棟の築造に伴い、現管理棟に設置されている中央監視制御装置や呉市単独施設分の一部の遠方監視用テレメータ盤等を新管理棟へ移設するとともに、新管理棟内に無停電電源装置を新設し、新管理棟内において出先施設等や広島県専用施設の監視制御を行うことが出来るようにするもの。
 呉市単独施設分の完成期限は平成30年12月20日とし、一般競争入札により入札を行ったところ、1者の入札参加があり、株式会社安川電機広島営業所が2億6,460万円で落札した。
 また、広島県専用施設の完成期限は平成30年11月8日とし、一般競争入札により入札を行ったところ、1者の参加があり、横河ソリューションサービス株式会社広島事業所が1億152万円で落札した。

 委員会では、なぜ、呉市が県専用施設を工事するのかといった質疑に対し、市は、県との協定により工事は市が行うが、工事費は県が負担することとなっていると答弁した。
 また、新管理棟で中央監視できることにより、人員が削減されるのではないかといった質疑に対し、市は、職員の負担が減るということではないので、この工事により人員を削減する予定はないと答弁した。
 そのほか、新管理棟と旧管理棟の今後、県が負担すべき市施設の使用料、入札参加者が1者であった要因などについて質疑が行われた。

資 料

宮原浄水場中央監視制御装置移設外工事 [PDFファイル/1.99MB]

宮原浄水場(県専用施設)中央監視制御装置移設外工事 [PDFファイル/1.99MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)