ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 呉市議会 > 県に対する提案事項について

県に対する提案事項について

 
案 件 名県に対する提案事項について
付議された委員会文教企業委員会
委員会開催日平成29年5月31日
案件の概要等

 広島県の平成30年度予算に対して、広島県立呉三津田高等学校に併設型中高一貫教育校の設置を提案する。
 呉三津田高校に中等部を併設し、中高一貫教育校とすることにより、小学校・中学校で実践している地域の特色を生かした総合的な学習の時間にかかわるカリキュラムと高等学校のカリキュラムをつなげ、呉市ならではの12年間の系統的な教育を実践することが可能になり、県内のみならず、全国に研究実践の成果を発信できる学校となることができると考えている。
 期待される効果としては、呉市内の生徒や保護者の選択肢がふえ、中等教育の多様化を図ることができ、また、全県から生徒が集まり、呉の教育のレベルアップが期待できる。

 委員会では、中高一貫教育校を設置するメリットについて質疑が行われ、市は、従来の中学校、高等学校に加え、生徒や保護者が6年間の一貫教育も選択できるという点と、中等教育の多様化を推進することにより、生徒一人一人の個性をより重視した計画的で継続的な教育の実現ができると答弁した。
 そのほか、中高一貫教育校が設置された場合における中等部の設置場所や生徒の定員数、入学受験などについて質疑が行われた。

資 料県に対する提案事項について [PDFファイル/274KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)