ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 呉市議会 > 議第139号 呉市インキュベーション施設設置条例の一部を改正する条例の制定について、議第143号 公の施設の指定管理者の指定について

議第139号 呉市インキュベーション施設設置条例の一部を改正する条例の制定について、議第143号 公の施設の指定管理者の指定について

 
案件名議第139号 呉市インキュベーション施設設置条例の一部を改正する条例の制定について
議第143号 公の施設の指定管理者の指定について
提出日

平成29年12月4日

付議された委員会産業建設委員会
委員会付託日平成29年12月6日
委員会開催日平成29年12月13日
委員会審査結果可決
議決結果可決
議決年月日平成29年12月15日
案件の概要等

 呉チャレンジ・コア、呉サポート・コアの入居については、創業と新商品開発等の両方の要件を満たす必要があったが、いずれか一つの要件を満たせば入居できることとし、呉ジャンプ・コアの入居については、新商品製造等に係る事業展開を目的とした事業者に限定していたが、創業を目的とした事業者も入居できることとする。また、呉サポート・コア施設内にある商談交流室は入居者のみが利用できることとしていたが、商談会や創業または新商品開発等のための講習会の目的であれば、入居者以外の事業者にも使用を認めることとし、使用料の額を定める。

 呉チャレンジ・コア、呉サポート・コア、呉ジャンプ・コアについては指定管理者制度(※)を導入しているが、今年度で指定期間が終了となるのに合わせ、非公募で公益財団法人くれ産業振興センターを施設の指定管理者に選定し、指定するもの。指定管理期間は5年(呉チャレンジ・コアは2年)。

 委員会では、市としてくれ産業振興センターの存在をどのように位置づけているのかという質疑に対し、市は、中小企業の創業、新商品開発の支援を行っており、引き続き体制強化を図りたいと答弁した。そのほか、呉チャレンジ・コア廃止後の方向性、民間のシンクタンクや呉高専との連携、くれ産業振興センターの体制などについて質疑が行われた。


※ 指定管理者制度…体育館や図書館など住民福祉を増進する目的で設置した公の施設の管理運営を、民間事業者を含む法人・団体に行わせる制度

資料

議案書139[PDFファイル/69KB] 議案資料139議案資料[PDFファイル/573KB]
議案書143[PDFファイル/54KB] 議案資料143[PDFファイル/573KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)