ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 呉市議会 > 第2期呉市国民健康保険データヘルス計画・第3期特定健康診査等実施計画の策定について

第2期呉市国民健康保険データヘルス計画・第3期特定健康診査等実施計画の策定について

 
案 件 名

第2期呉市国民健康保険データヘルス計画・第3期特定健康診査等実施計画の策定について

付議された委員会民生委員会
委員会開催日

平成30年3月7日

案件の概要等

本件は、平成29年12月11日の委員会で、呉市国保の特性や、これまでの事業の拡充、医療と介護が連携した取り組み、より効果的な特定健診に関する広報、県単位化の動向等を踏まえ計画を策定すると説明を行った。
 このたび策定する計画では、国保被保険者の健康維持を図るとともに,医療費の適正化や国保財政の安定化を目指し、効果的な保健事業に取り組むことを基本方針とした。
  また、「市民の健康寿命の延伸」を達成するため、国保以外の医療保険者や介護部門、健康づくり部門と連携ををより密にし,医療保険制度等に限定されることのない包括的な健康づくり事業に取り組む。
 計画の主な取り組みとしては、特定健診の受診率向上のため、特定健診自己負担額無料化に係る広報の強化、人間ドック助成事業などの対策を実施するほか、PDCAサイクルによる周期的な評価に基づく見直しの実施、要介護・要支援の要因でもある骨折予防の対策を新たに実施する。

 委員会では、計画に重複・頻回受診者、重複服薬者訪問指導事業とあるが事業内容と成果はどうなっているのかという質疑に対し、内容は、同じ病気で3機関以上を受診している重複受診者、同一医療機関に月15回以上受診している頻回受診者、同じ薬を月に複数回処方されている重複服薬者に対し、呉市の看護師が訪問指導している。効果については、平成27年度で重複受診者は1,218万円、頻回受診者は722万円、重複服薬者は178万円に効果があったとみていると答弁した。
 また、データヘルスの課題には、計画にない残薬管理があると思うが、どのように考えているのかという質疑に対し、安芸灘地区でモデル事業として、多剤服用者について地域の薬剤師にお願いし、状況を把握するよう広島大学や医師会等と協議しながら進めていると答弁した。

資 料

第2期呉市国民健康保険データヘルス計画・第3期特定健康診査等実施計画の策定について [PDFファイル/407KB]

第2期呉市国民健康保険データヘルス計画・第3期特定健康診査等実施計画(案)概要版 [PDFファイル/630KB]

第2期呉市国民健康保険データヘルス計画・第3期特定健康診査等実施計画(案) [PDFファイル/7.42MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)