ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 呉市議会 > 国民健康保険事業の県単位化に向けた取組状況について

国民健康保険事業の県単位化に向けた取組状況について

 
案 件 名

国民健康保険事業の県単位化に向けた取組状況について

付議された委員会民生委員会
委員会開催日

平成29年12月11日

案件の概要等

 国民健康保険事業の県単位化に向けた取組状況については、平成29年5月30日に開催された民生委員会において、平成30年度から35年度までの間に広島県で算定方式の統一し、その後、平成36年度以降に市町の収納率を反映した準統一の保険料率を経て県内統一を図ると説明を行っている。
 今後は、平成30年度保険料率について、平成30年1月上旬には、県から市町が納付すべき国保事業費等納付金が示され、その後、2月頃には平成30年度の概算保険料率と本年度の保険料率との比較が示せる見込みである。
 また、平成30年度の保険料率は、直近の被保険者数、世帯数及び所得状況に基づき6月に決定することになる。

資 料

国民健康保険事業の県単位化に向けた取組状況について [PDFファイル/218KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)