ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 呉市議会 > 戦艦「大和」潜水調査について

戦艦「大和」潜水調査について

 
案 件 名戦艦「大和」潜水調査について
付議された委員会産業建設委員会
委員会開催日平成28年6月22日
案件の概要等

 平成28年5月10日から27日にかけて,戦艦「大和」の沈没地点である東シナ海男女群島南約176キロメートルの排他的経済水域で,潜水調査を行った。
 現地では,無人潜水探査機「はくよう」によって,海底に沈む戦艦「大和」の船体を中心に,東西450メートル,南北400メートルの範囲で撮影を行い,10日間で約50時間のハイビジョン映像と約7,000枚の写真を撮影した。
 また,今後は潜水調査結果の解析・検証を進めるとともに,その進ちょくに合わせて,大和ミュージアム等で映像等潜水調査の結果を順次公開する予定としている。

  委員会では,実際の映像を見ながら調査の概要について説明を受けた後,このたびの潜水調査によって新たにどのような事実が判明したのか,今後,どのような形で記録を公開するのかなどの質疑が行われた。
 また,潜水調査に同行した当局の職員がそれぞれ感想を述べた。

資 料2806_戦艦「大和」潜水調査について [PDFファイル/220KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)