ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 呉市議会 > 議第59号 広島県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議について

議第59号 広島県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議について

 
案件名

議第59号 広島県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議について

提出日

平成30年2月22

付議された委員会民生委員会
委員会付託日平成30年3月5日
委員会開催日平成30年3月7日
委員会審査結果可決
議決結果可決
議決年月日平成30年3月13日
案件の概要等

 本案について、 広域連合規約の変更手続きは, 県内23市町と協議し、広島県知事に届出することとなっているが、協議は各市町の議会の議決を経なければならないため提出するものである。
 変更の内容について、このたび、広島県後期高齢者医療広域連合の電算処理システムの機器更新が行われることとなり、使用するパソコンの使用機器の更新が必要となった。経費は、広域連合の規約で市町の負担金から徴収することになっているが、現在の規約では、各市町の設置台数に関わらず人口割や均等割等により各市町が負担していたが、各市町が設置する台数に応じた経費負担となるよう改正する。

 委員会では、業務で使用するソフトについて、今後の法改正で行うソフトの改修費用はどうなるのかという質疑に対し、ソフトについては、共通部分として人口割や均等割等により各市町が負担すると答弁した。
 また、ソフトの改修費について、今まで呉市で行っていた金額とこれから県が行う金額は異なってくるのかという質疑に対し、従来はそれぞれの市町でかかっていた費用が、県でまとまれば一つのシステム改修で済むので、メリットがあると答弁した。

資料

議案書 [PDFファイル/79KB]

議案資料 [PDFファイル/125KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)