ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 呉市議会 > 議第136号 呉市職員の給与に関する条例及び一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

議第136号 呉市職員の給与に関する条例及び一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

 
案件名議第136号 呉市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例及び一般職の任期付職員の採用等に関する条例の制定について
提出日

平成29年12月4日

付議された委員会総務委員会
委員会付託日平成29年12月6日
委員会開催日平成29年12月8日
委員会審査結果可決
議決結果可決
議決年月日平成29年12月15日
案件の概要等

国家公務員の給与に関する人事院勧告に準じ、給与の改定を行うもの。
(1)呉市職員の給与に関する条例の一部改正
 一般職の給料月額を平均0.08%引き上げ、勤勉手当の支給割合を0.1カ月分引き上げる。
 合わせて、医師の初任給調整手当の上限額を、500円引き上げる。
(2)一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部改正
 特定任期付職員の給料月額を1,000円引き上げ(1号級と2号級のみ)、期末手当の支給割合を0.05カ月分引き上げる。
※特定任期付職員・・・高度の知識経験または優れた識見を有する者として任期を定めて採用された職員

 委員会では、昨年度との比較について質疑があり、当局からは、昨年度の給与改定で給料月額を平均0.06%引き上げたが、今年度は平均0.08%の引き上げとなっており、順調に伸びていると答弁があった。
 そのほか、消防職、教育職、医療職といった一般職以外の平均改定率や、医師の初任給調整手当の実支給額について質疑があった。

資料

議案書 [PDFファイル/194KB] 議案資料 [PDFファイル/241KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)