ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織で探す > 危機管理課 > 洪水ハザードマップ

洪水ハザードマップ


 洪水ハザードマップ

 洪水ハザードマップは,河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域を浸水想定区域として広島県が指定した河川を対象に洪水ハザードマップを作成し,配布します。

(補足)

 このハザードマップでは,想定を超える規模の降雨によるはん濫や内水はん濫,高潮の影響によるはん濫などは考慮されていません。浸水想定区域以外でも浸水が発生する場合や,想定される水深が実際の水深と異なる場合があります。

 黒瀬川,二河川及び野呂川の洪水ハザードマップを掲載しています。
 掲載している浸水想定区域の想定降雨は以下のとおりです。

 黒瀬川 100年に1度の大雨想定(計画規模降雨234mm/24h)と1000年に1度の大雨想定(想定最大規模降雨667mm/24h)を掲載

 二河川   50年に1度の大雨想定(計画規模降雨331mm/24h)と1000年に1度の大雨想定(想定最大規模降雨740mm/24h)を掲載

 野呂川   50年に1度の大雨想定(計画規模降雨289mm/24h)と1000年に1度の大雨想定(想定最大規模降雨745mm/24h)を掲載

 洪水浸水想定区域の詳細は,広島県の「洪水ポータルひろしま」でご覧いただけます。

   ・洪水ポータルひろしま http://www.kouzui.pref.hiroshima.lg.jp/portal/<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe社サイト<外部リンク>からダウンロードしてください。(無料)