ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 観光振興課 > 千砂子波止・高燈籠

千砂子波止・高燈籠


高燈籠
 「千砂子波止」は江戸時代後期に芸州藩が築いた防波堤で、当時の最高の技術が用いられ、中国無双と称えられました。
「高燈籠」は、「千砂子波止」の突端で灯台の役目を果たしてきました。高さは6月18日mで、当時の繁栄ぶりを現代に伝える歴史の証です。


拡大地図を表示<外部リンク>

所在地

呉市豊町御手洗

問い合せ先

豊町観光協会 Tel:0823-67-2278

アクセス

バス

JR呉駅前または広駅前バス停から「とびしまライナー(豊・豊浜方面行き)」乗車、「御手洗港(みたらいこう)」バス停下車
広島バスセンター発とびしまライナーの時刻・運賃は、こちら(広島バスセンターホームページ)<外部リンク>をご覧ください。
中国労災病院発とびしまライナーの時刻・運賃は、こちら(瀬戸内産交/PDF)をご覧ください。

 車

広島呉道路(クレアライン)呉ICから約1時間30分

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)