ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織で探す > 地域保健課 > 子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的な勧奨再開に伴う救済制度(キャッチアップ接種)について

子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的な勧奨再開に伴う救済制度(キャッチアップ接種)について


子宮頸がん予防ワクチンは,平成25年4月1日より予防接種法に基づく定期予防接種となりましたが,「副反応の発生頻度がより明らかになり,適切な情報提供ができるまでの間,積極的な接種の勧奨を差し控える」と,国から通知があったため,同年6月14日から呉市では,積極的な勧奨通知を送付していませんでした。

しかし,その後,国が最新の知見を踏まえ,改めてHPVワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことや,接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められたことから,令和3年11月に個別勧奨の再開を決定するとともに,これまでに接種機会を逃した方々に対して公平な接種機会を確保する(キャッチアップ接種)とういう方針決定がなされました。

つきましては,接種を希望される方は,別添の案内および厚生労働省リーフレット『小学校6年生~高校1年生相当の女の子と保護者の方へ大切なお知らせ』および『HPVワクチンを受けたお子様と保護者の方へ』等をご覧いただき,十分ご理解いただいたうえで直接協力医療機関にお申し込みいただきますようお願いいたします。

詳しくはこちら [PDFファイル/168KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe社サイト<外部リンク>からダウンロードしてください。(無料)