ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 環境・ごみ > ごみ・リサイクル・ポイ捨て > 市ごみ処理施設への直接搬入について

市ごみ処理施設への直接搬入について


市ごみ処理施設への直接搬入について

市が回収しないごみ

 次に掲げるごみは、収集計画に支障をきたしたり、運搬車両の故障原因となるため、ステーションでの回収を行っておりません。
 事前にお問い合わせの上、市のごみ処理施設へ自分で持ち込むか(一般廃棄物に限ります)、市の許可を受けた業者 [PDFファイル/176KB]へ運搬を依頼(有料)して下さい。

・多量ごみ
 (引っ越しごみ、片付けごみ、庭木の剪定ごみなど)
引っ越しごみ 片付けごみ 剪定ごみ
・収集車へ積み込みできないごみ
 (コンクリートブロック、物干し竿の土台(コンクリート製)、石、土、レンガ、瓦、畳など)
石 土 畳
石、土、レンガ、瓦などは、1日当たり土のう袋5袋まで持込み可

市のごみ処理施設で処理しないもの(持ち込みできません)

  • 事業活動から出る産業廃棄物全般
  • 家庭ごみのうち
    バイク、エンジン・モーターのついた大型工具・農機具等、タイヤ、ホイール、チェーン、自動車部品、ガスボンベ、金庫(手提げ用を除く)、バッテリー、消火器、廃油、ドラム缶、ペンキ類(少量の固まり、布等に染み込ませたものは可)、薬品・農薬等劇薬、家庭系医療廃棄物、電動ベッド、電気温水器、ピアノ、ボウリングのボール、仏壇、電動マッサージチェア、電動自転車(バッテリーを外せば可)、電動車いす、電動スクーター、バーベル、トレーニングマシン、直径10cmまたは10cm角・長さ1m50cmを超える木くず(伐採木など)、厚さ3mmまたは長さ1m50cmを超える金属類(鉄片、鉄板)・鋼材等、オイルヒーター(油を抜いたものは可)、大型のコピー機・プリンターなど
  • 解体や改修にかかるもの〔取り外しに工事等を伴うもの〕
    (個人が家屋解体・整理などをした場合でも受け入れません)
    流し台(家庭持ち込みの半間のものは可)、洗面台、便器、浴槽、給湯機、配管類、テラス、ベランダ、風呂釜、太陽熱温水器、石膏ボード、断熱材、解体木くずなど

※購入店、販売店等に相談して引き取ってもらうか、呉市環境事業協同組合(0823-74-3344)または、市の許可を受けた一般廃棄物処理業者に処理を依頼してください(有料)。

持ち込み制限について〔家屋解体・回収等にかかるものは受入不可〕

種類 制限
畳、建具(ふすま・障子・網戸等) 【数量限定】1日10枚以内
布団 【数量限定】1日30枚以内
スプリングソファー、マットレス 【数量限定】1日5枚以内
自転車 【数量限定】1日5台以内
スチール物置 部材の厚さ3mm未満(解体してあるもの)
ブルーシート・ネット・ロープ・ホース類 【寸法制限】1m角、長さ1m以内
発泡スチロール 【寸法制限】50cm角以内
がれき類
(タイル、レンガ、瓦、コンクリート製品、
 土、砂、石、漬物石など)
【数量限定】1日に土のう袋5袋以内

持ち込み手数料

160円/10kg(指定袋・指定シールを使っていても必要です)

対象施設

【搬入受入時間】月~土曜日
午前9時~12時,午後1時~4時30分

  • 日・祝日,年末年始(12月31日~1月3日)は搬入できません。
  • 持込みは,乗用車・2トントラックまでです。徒歩・自転車・バイク等での搬入はできません
  • 事業活動から出る産業廃棄物全般の搬入はできません
施設 住所 問合先
電話
クリーンセンターくれ 広多賀谷3-9-3 74-9106
芸予環境衛生センター 豊町大長6329-1 66-2548

注意事項

  1. 直接搬入する場合は、指定袋の使用・指定シールの貼り付けは不要ですが、透明または半透明の袋を使用してください。
  2. 紙、びん、缶、ペットボトルなどの資源物は、各地区の指定日に資源物ステーションへ出すなどリサイクルにまわしてください。
  3. 許可のない者(業者)へ運搬を依頼することは、法律違反となります。
  4. ごみの分別を徹底してください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe社サイト<外部リンク>からダウンロードしてください。(無料)