ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > まちづくり > 道路・河川・公園(くらしの情報) > 中央公園8ブロック店舗建物を利用した実証実験を開始します
トップページ > 産業振興 > 商業 > 中央公園8ブロック店舗建物を利用した実証実験を開始します

中央公園8ブロック店舗建物を利用した実証実験を開始します


中央公園8ブロック店舗建物を利用した実証実験を開始します

現在,空きスペースになっている中央公園8ブロック(通称どんぐり公園)の店舗建物において,次の日程で実証実験を開始します。

実証実験の期間

・令和5年12月22日(金曜日)から令和6年2月29日(木曜日)まで

 ※原則,上記の期間内の金・土・日曜日

実証実験の実施者

・特定非営利活動法人 SYL

・一般社団法人 KURE-PERS

 ※いずれも都市再生推進法人として呉市から指定を受けた法人

実証実験の目的

 上記の両団体は中央公園において「あさまち」,「まちの森のアトリエ」といったイベントを実施しており,地域のにぎわいづくりに造詣が深い団体です。次の事業を実施することで,中央公園の利用者ニーズの把握及び本市が推進しているウォーカブルなまちづくりに寄与するものと考えられることから,この実証実験を実施します。

事業内容

・飲食物の提供

 ※原則,営業時間は上記の「実証実験の期間」内の11時から16時までですが,中央公園内においてイベントまたはワークショップ等が開催される場合は営業時間を最長22時までとし,他の曜日も営業することがあります。

 また,主に提供する飲食物はコーヒーやジュースをはじめとした飲料,ホットサンド等です。夜間営業時は酒類の提供も予定しています。

 ・ワークショップの開催

 ・売店を活用したコミュニティスペースづくり  など