ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 日本遺産 > 日本遺産認定記念シンポジウム「亀ヶ首発射場と倉橋島」

日本遺産認定記念シンポジウム「亀ヶ首発射場と倉橋島」

 

 令和2年6月、「亀ヶ首発射場跡」が日本遺産「鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴~日本近代化の躍動を体感できるまち~」の構成文化財として追加認定されたことを受けて、記念シンポジウムを実施します。

 亀ヶ首発射場と倉橋島の歴史を振り返るとともに,今後の活用について検討します。


 ※シンポジウム・チラシ(A4)は、こちらからダウンロードしてください。 [PDFファイル/688KB] 

 

 【日    時】  令和3年1月23日13時30分~15時30分(開場:13時)

 【会    場】  桂浜温泉館・なぎさホール(広島県呉市倉橋町431)

 【アクセス】  バ ス:JR呉駅前バスターミナル3番乗り場、ひろでんバス「桂浜・温泉館」行き
              終点「桂浜・温泉館」で下車,徒歩すぐ。

          乗用車:呉駅から国道487号→県道35号→桂浜温泉館。駐車場:約150台(無料)。

 【定  員】  150名(参加費無料。事前申し込み不要)


 ◆第1部 研究報告

  ・「古代・中世の倉橋島と亀ヶ首」

         広島大学名誉教授 下向井 龍彦 氏

  ・「地元倉橋から見た亀ヶ首発射場」

         広島会計学院専門学校校長 菅 信博 氏

  ・「亀ヶ首が果たした二つの役割-46センチ砲とエリート工員の誕生」

         広島国際大学客員教授 千田 武志 氏

 

 ◆第2部 パネルディスカッション 「亀ヶ首発射場と倉橋島-歴史と活用-」

   ・司会

    呉市海事歴史科学館館長 戸高 一成 氏

   ・パネリスト

    広島大学名誉教授 下向井 龍彦 氏

    広島会計学院専門学校校長 菅 信博 氏

    広島国際大学客員教授 千田 武志 氏

    くらはし観光ボランティアガイドの会会長 柳井 敏弘 氏

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)