ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 医療 > 感染症・特定疾患 > 新型コロナウイルスに関連した肺炎の予防を!

新型コロナウイルスに関連した肺炎の予防を!


中華人民共和国湖北省武漢市において、昨年12月以降、新型コロナウイルスに関連した肺炎の発生が複数報告され、その後、世界各国で患者が報告されています。1月16日には国内でも初めて新型コロナウイルスによる肺炎患者の発生が報告されました。

もくじ

日常生活で気をつけること

発熱などの症状が見られるとき

  • 学校や会社を休み、外出を控えてください。
     
  • 毎日、体温を測定して記録してください。
     

▲このページのトップに戻る

相談の目安

以下のいずれかに該当する方は、窓口に相談してください

  • 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続く
    (解熱剤を飲み続けなければならない場合も含む)
     
  • 強いだるさ(倦怠感)息苦しさ(呼吸困難)がある

高齢者・基礎疾患など(※)のある方

基礎疾患などの例

  • 糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患のある方
  • 透析を受けている方
  • 免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方

妊婦の方

お子様をお持ちの方

  • 小児については、現時点で重症化しやすいとの報告はなく、新型コロナウイルス感染症については、目安どおりの対応をお願いします。

▲このページのトップに戻る

相談窓口

相談のめやすに該当する方は、受診前に必ず電話してください。
 

  • 平日(8時30分から17時15分)
    電話番号 0823-22-5858 または 0823-25-3525

     
  • 休日、夜間
    電話番号 0823-22-5858

なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザなどの心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医などにご相談ください。

▲このページのトップに戻る

新型コロナウイルス感染症とは

  • ウイルス性の風邪の一種です。
  • 特徴は、発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことです。
  • 感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)といわれています。
  • 新型コロナウイルスは、飛沫感染と接触感染によりうつるといわれています。
  • 重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されているので注意しましょう。
    特に、ご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。
     

▲このページのトップに戻る

最新情報

最新情報については,次のリンク先をご確認ください。

 

事業者の皆様へ

▲このページのトップに戻る

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)