ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 環境施設課 > 有害ごみ・危険ごみの出し方についてのお願い

有害ごみ・危険ごみの出し方についてのお願い


有害ごみ・危険ごみの分別を徹底してください

火災発生時の様子  引火性・発火性のある危険ごみを「燃えるごみ」「燃えないごみ」「粗大ごみ」に混ぜて出すと,ごみ収集車やごみ処理施設で火災を引き起こす原因になります。
 令和元年10月31日には,危険ごみ等から出火した可能性が高いものと思われる火災も発生しています。

火災の原因となる危険ごみの例

○スプレー缶
(噴射剤に可燃性ガスを使用したもの)
○カセットボンベ
(カセットコンロ用)
○使い捨てライター
(卓上ライターも含みます)
スプレー缶カセットボンベ使い捨てライター
○小型充電式電池,モバイルバッテリー

○電池

○電子たばこ
モバイルバッテリー電池電子たばこ

※スプレー缶等はできる限り中身を使い切って出してください。
※令和2年度から小型充電式電池やモバイルバッテリー等を有害ごみ・危険ごみとして市が収集することになりました。
有害ごみ・危険ごみの収集日に,専用の赤いコンテナに入れてください。

※分別方法については,「呉市ごみ出しカレンダーのごみ出しアイウエオ表」を参考にしてください。