ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > ライフイベント > 高齢者・介護 > 認知症に関する行政サービス・取組み
トップページ > 高齢・介護 > 高齢者福祉・介護保険 > 認知症に関する行政サービス・取組み
トップページ > 保険・年金 > 介護保険 > 認知症に関する行政サービス・取組み
トップページ > 福祉 > 高齢 > 認知症に関する行政サービス・取組み

認知症に関する行政サービス・取組み


認知症に関する行政サービス・取組み

みんなで支え合いましょう

  1. 認知症相談窓口(地域包括支援センター・地域相談センター)
  2. 認知症地域支援推進員
  3. 徘徊SOSネットワーク
  4. 呉地区認知症診療連携ネットワーク
  5. 呉市認知症初期集中支援チーム
  6. 認知症ケアネットワーク
  7. 認知症高齢者等見守り支援事業 (GPS端末機の助成)
  8. 介護保険施設・介護保険事業所
  9. その他認知症について

1.認知症相談窓口(地域包括支援センター・地域相談センター)

呉市では,2006年4月から高齢者が住み慣れた地域で自立した生活を継続することができるよう支援するための「介護予防・地域包括ケア」の拠点として,地域包括支援センターと地域相談センターを設置しています。

特に,地域包括支援センターは地域における「認知症ケア」の拠点として様々な関係機関との連携を図りながら,相談・支援に応じています。

なお,これらのセンターは呉市が設置し,社会福祉法人などに運営を委託している公正・中立な機関です。

地域包括支援センターの業務内容

総合相談・支援の実施

  1. 高齢者やその家族等からの介護・健康・福祉などの様々な相談に応じ,必要な情報提供やサービス利用支援などを行います。
  2. 権利擁護相談・支援の実施
  3. 高齢者虐待や認知症,成年後見制度などの高齢者の権利擁護に関する相談に応じ,必要な支援を行います。
  4. 介護予防ケアマネジメントの実施
  5. 要介護認定で要支援1・2となった方の介護予防サービス計画の作成,サービス調整などを行います。
  6. 要支援・要介護状態となるおそれの高い方の介護予防事業への参加支援などを行います。
  7. 包括的・継続的ケアマネジメント支援の実施
  8. 地域の介護支援専門員(ケアマネジャー)の指導や支援のほか,医療機関等とのネットワークづくりを行います。
地域相談センターの業務内容

総合相談・支援の実施

地域での介護予防普及啓発

  1. 高齢者を対象とした介護予防教室・健康教室などを実施します。
  2. 地域に最も身近な相談窓口として,高齢者や家族からの相談を受け付け,訪問などにより実態を把握し,適切な機関や必要なサービスにつなぎます。
  3. その他,「認知症サポーター」の養成など地域で支え合うまちづくりを側面から支援しています。

TOPへ戻る

2.認知症地域支援推進員

地域包括支援センターに認知症地域支援推進員を配置し,専門的な立場から地域や技術を提供し,介護支援専門員や医療機関等と連携しながら適切な対応に取り組みます。

認知症地域支援推進員

TOPへ戻る

3.徘徊SOSネットワーク

「徘徊SOSネットワーク」とは・・・

認知症になると外出したまま家に戻れなくなったり,近所をうろうろと徘徊している間に所在不明となってしまう場合などがあります。

こうした所在不明高齢者を,呉市(地域包括支援センター)・警察を中心とし,バスやタクシー会社,地域関係者などのネットワーク協力機関が連携して情報を共有することで,できるだけ早期に発見し,安全の確保(保護)に努めていくためのシステムです。

※現在は,市内の一部地域でモデル的に実施し,効果検証を行っています。今後は市内各地域にネットワークを広げ,地域で支え合うまちづくりにつなげていきたいと考えています。

SOS

このネットワークを利用すると…

地域と広域で同時に関係者が所在不明高齢者情報を共有することができますので,より早期の発見・保護につながることが期待されます。

また,徘徊などの心配のある高齢者を事前に登録しておく「高齢者事前登録制度」(現在検討中)を活用すると,高齢者情報をいち早く関係機関に伝達し,保護された高齢者の身元確認を迅速に行うことができます。

徘徊高齢者や認知症高齢者の方への対応方法。1.声をかける。こんにちは、暑いですねなど、当たり障りのないあいさつをしましょう。2.尋ねる。どちらまでおでかけですか?どちらからいらっしゃいました?など、やさしく尋ねましょう。3.連絡する。徘徊であることが濃厚な

TOPへ戻る

4.呉地区認知症診療ネットワーク

物忘れがひどく,認知症の疑いや心配のある人の診察・診療を,患者の症状に応じて,かかりつけ医療機関と専門医療機関が,役割や機能を分担しながら連携して行います。

認知症になっても本人の意思が尊重され,できる限り住み慣れた,環境のよい地域で暮らし続けるためのサポートを行います。

医療ケアノート,オレンジパスポートオレンジパスポート

連携パス登録医療機関
病院名電話番号住所
 
呉中通病院<外部リンク><外部リンク>0823-22-2510〒737-0046 呉市中通1-3-8
藤原脳神経外科クリニック<外部リンク><外部リンク>0823-32-2515〒737-0046 呉市中通2-1-24
呉共済病院<外部リンク><外部リンク>0823-22-2111(内線5141)〒737-8505 呉市西中央2-3-28
松田脳神経外科<外部リンク><外部リンク>0823-30-5161〒737-0935 呉市焼山中央1-2-16
呉医療センター<外部リンク><外部リンク>0823-22-3111〒737-0023 呉市青山町3-1
ほうゆう病院<外部リンク><外部リンク>0823-72-2111〒737-0001 呉市阿賀北1-14-15
早川クリニック<外部リンク><外部リンク>0823-76-6007〒737-0111 呉市広大広2-7-4
ふたば病院<外部リンク><外部リンク>0823-70-0555〒737-0143 呉市広白石4-7-22
中国労災病院<外部リンク><外部リンク>0823-72-7171〒737-0193 呉市広多賀谷1-5-1
公立下蒲刈病院0823-65-3100〒737-0303 呉市下蒲刈下島2120-4

生活状況や身体状況、介護認定状況、かかりつけ医療機関、ケアマネジャーの連絡先、習慣、こだわり、好み、家族の希望。認知症に関する検査や診断、所見や治療方針、 日常診療等での診察結果、診察後の様子や経過、服薬管理、日常生活や介護での気付きや出来事などを共有しま

TOPへ戻る

5.呉市認知症初期集中支援チーム

認知症の人や認知症が疑われる人のご自宅を訪問し,自立した生活のサポートをする専門職のチームです。

 
 住  所電話番号
てとて呉市広白石4-7-22
(広島県呉認知症疾患医療センター ふたば病院内)
0823-70-0571
ひなた呉市阿賀北1-14-15(ほうゆう病院内)0823-27-3322
対象となる方

40歳以上で,自宅で生活している認知症が疑われる人及び認知症の人で,次の状態にある方

  1. 認知症の診断を受けたことがない,または治療が中断している。
  2. 医療サービスもしくは,介護サービスを利用していない。
  3. 認知症の診断を受けたが,介護サービスが中断している。
  4. サービスを利用しているが,認知症による症状が強く,対応に困っている。
相談から支援までの流れ

1.相談。お近くの地域包括支援センターや認知症疾患医療センター、呉市介護保険課に電話をしてください。2.家庭訪問。ご本人のかかりつけ医に相談しながら、必要な医療や介護サービスを一緒に検討し、調整をおこないます。3.サポート開始。ご自宅での安定した生活が続く

TOPへ戻る

6.認知症ケアネットワーク

認知症をはじめ,高齢者虐待やひとり暮らしなどで日常生活に支障の出ている高齢者の生活を見守り,適切に支援していくためには,関係機関・関係者の連携が必要不可欠です。

呉市では,地域包括支援センターを中心として,こうした関係機関・関係者・地域が連携して高齢者を見守り,支援する「認知症ケアネットワーク」の構築を各地域で目指しています。

ネットワークとは連携、関係づくりです。みんながそれぞれの立場でそれぞれの役割を果たすことにより、高齢者をあたたかく見守りましょう。みんなが必要に応じて相互連携を図ることにより、より質の高い支援につなげていきましょう。このネットワークを認知症ケアのみでなく、

高齢者を関係機関が連携して支え,支援することはもちろんですが,地域で認知症や高齢者虐待などで困っている高齢者を発見したときに,早くに近くの地域包括支援センターや地域相談センターに連絡すること,あるいは,そうした高齢者を地域で温かく見守っていくこともネットワークの重要な要素です。

  • Aさんが認知症かもしれない
  • Cさんが徘徊している姿をよく見かける
  • Dさんの家で頻繁に怒鳴り声が聞こえる
  • Bさんの様子(行動)が最近おかしい   など

気になることがあれば,地域包括支援センターなどの関係機関に連絡をするようにしましょう。

早期発見が未然防止につながります!

認知症ケアネットワーク

TOPへ戻る

7.認知症高齢者等見守り支援事業(GPS端末機の助成)

GPS端末機の助成~大切な人の行動を見守ります~ 《申請書》

少し用事をしている間に大切な人の居場所が分からなくなってしまい,探し回ったことがある。そんなつらい経験をしたことはありませんか?
GPS端末機を携帯すると,介護者が電話やパソコンなどを使って居場所を確認し,かけつける事ができます。

呉市では,位置情報検索端末器(GPS端末機)の利用を希望される方の,機器購入費などの一部を助成します。

GPS端末機を扱う事業者が分からない,事業者を探す時間がない方は,高齢者支援課 介護予防グループまでお問い合わせください。

GPS

申請できる方

次の1から3の全てに該当する高齢者等を介護している方

  1. 呉市に住民票があること (入院,施設入所の方は対象外)
  2. 要支援・要介護認定を受けていること
  3. 認知症による,徘徊行動が見られること
補助の内容

機器購入費など初期費用の3/4を助成(上限2万円)。

【対象経費】

  1. 契約時に必要とする,加入,登録手数料
  2. 端末機本体の購入費用または初回使用のレンタル基本費用
  3. 端末機に使用する電池,充電器等付属機器の経費
  4. 初回基本料金

 ※ 導入後の月々の費用は全て自己負担となります。
 ※ 携帯電話,スマートフォンのGPS機能は対象になりません。

申請方法 (※契約する前に申請が必要です)

GPS申請の流れ

補助金交付申請書 [Wordファイル/33KB]補助金交付申請書 [PDFファイル/79KB]

GPS取扱い登録事業者

GPS取扱い登録事業者 [Excelファイル/14KB]GPS取扱い登録事業者 [PDFファイル/426KB]

※登録していない事業者と契約する場合は,事前に高齢者支援課へご相談ください。

《募集》 GPS端末機取扱事業者へ 

呉市は,GPS端末機を取り扱う事業者を紹介します。

事業者及び端末機の情報はホームページに随時掲載するほか,市民から問い合わせがあった際に提供します。

登録を希望する事業者は,下記様式に必要事項を記入し,高齢者支援課 介護予防グループへ提出してください。

事業者登録申請書 [Wordファイル/19KB]事業者登録申請書 [PDFファイル/89KB]

 

<補助金交付申請書,事業者登録申請書の提出先>

〒737-8501呉市中央4丁目1番6号(市役所1階)
   呉市高齢者支援課 介護予防グループ
 
   電話:0823-25-3104  Fax:0823-22-8529

TOPへ戻る

8.介護保険施設・介護保険事業所

     >介護保険サービス事業者一覧(在宅・地域密着型・施設)

TOPへ戻る

9.その他認知症について

  1. 認知症とは?
  2. 認知症予防に取り組みたい
  3. 認知症サポーターについて
  4. 認知症相談窓口
  5. 認知症カフェ
  6. 認知症に関する医療機関
  7. くれオレンジガイドブック(認知症ケアパス)

TOPへ戻る

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)