ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 高齢・介護 > 高齢者福祉・介護保険 > 新型コロナウイルス感染症に関する情報(介護保険)
トップページ > ライフイベント > 高齢者・介護 > 新型コロナウイルス感染症に関する情報(介護保険)
トップページ > 保険・年金 > 介護保険 > 新型コロナウイルス感染症に関する情報(介護保険)
トップページ > 福祉 > 高齢 > 新型コロナウイルス感染症に関する情報(介護保険)

新型コロナウイルス感染症に関する情報(介護保険)


 介護保険料の減免

● 新型コロナウイルス感染症の影響により,(1)又は(2)に該当される方は,申請により介護保険料が減免となる場合があります。

 (1)世帯の主たる生計維持者が死亡し,又は重篤な傷病を負った第一号被保険者の方

 (2)主たる生計維持者の事業収入,給与収入,不動産収入又は山林収入のいずれかの減少額(※)が,令和元年に比べ10分の3以上見込まれる第一号被保険者の方
  ※減少額は,保険金,損害賠償等により補填されるべき金額を控除した額となります。
  注)申請にあたっては,収入を証明する書類が必要となります。

 詳しくはこちらのリーフレット [PDFファイル/574KB]をご確認ください。

 受付開始時期等については,準備ができ次第ホームページ等でお知らせします。

 【お問い合わせ先】介護保険料グループ 電話:(0823)25-3176

介護保険料の納付相談

  ● 新型コロナウイルス感染症に納付義務者(ご家族を含む。)が,り患された場合のほか,新型コロナウイルス感染症に関連するなどして介護保険料の納付が困難な場合は,徴収の猶予の制度があります。

  保険料における猶予制度 [PDFファイル/271KB]

【お問い合わせ先】介護保険料グループ 電話:(0823)25-3176

新型コロナウィルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて

 
 介護保険の要介護・要支援認定の更新手続きは,申請後,順次訪問調査(介護認定調査)を実施しているところですが,「新型コロナウィルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて(その4)」(厚生労働省老健局老人保健課事務連絡)により,新型コロナウィルス感染拡大防止を図る観点から,臨時的な取扱いとして,更新を希望する被保険者に対しましては,訪問調査を実施せず,認定有効期間を12か月合算(延長)することとします。


1 対象者
  更新申請をされる方(認定有効期間の延長について同意が必要となります。)

2 取扱内容
  現在と同じ要介護(要支援)状態区分で,12か月認定有効期間を延長します。

3 更新申請時の手続き
  「介護保険 要介護認定・要支援認定書(暫定的更新専用)」に必要事項を記入し,提出してください。
  (後日,新しい被保険者証が届きましたら,古い被保険者証は細断した上で廃棄処分してください。)

4 新規申請及び区分変更申請について
  今回の臨時的な取扱いの対象とはなりません。通常どおりの認定事務を行います。

5 心身の状態に変化のある方について
  現在の状態に変化があるなど要介護(要支援)状態区分の見直しを希望される被保険者につきましては,更新申請ではなく,区分変更申請を提出していただくこととします。

6 臨時的な取扱いの期間
  当面の間とします。
 
 
  

         (新規申請・区分変更申請は,こちらの様式をご利用ください)
 
 
      (参考:厚生労働省事務連絡)
         (令和2年2月18日付け厚生労働省老健局老人保健課)
 
         (令和2年4月7日付け厚生労働省老健局老人保健課)
 
 
【お問い合わせ】呉市介護保険課 介護認定グループ 電話:(0823)25-3175
 
 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)