ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市役所・公共施設 > 文化芸術 > 安浦歴史民俗資料館(南薫造記念館)|文化施設

安浦歴史民俗資料館(南薫造記念館)|文化施設


安浦歴史民俗資料館(南薫造記念館)                                                                    やすうられきしみんぞくしりょうかん(みなみくんぞうきねんかん)

施設概要

 近代日本洋画史に不滅の足跡を残した南薫造(みなみ・くんぞう)画伯の生家とアトリエを改修し,特別展示室を設置して,1985(昭和60)年4月,安浦歴史民俗資料館(南薫造記念館)として開館しました。南薫造の作品だけでなく,使用した画材や愛用の品々なども展示され,南薫造の人柄に,より深く触れることができます。また,母屋は江戸時代後期の建築と推定されており,当時の建築様式を知る非常に貴重な建物でもあります。昔の農具や民具も展示されており,当時の暮らしぶりをうかがい知ることができます。

南薫造記念館外観 特別展示室 南薫造アトリエ   

日本近代洋画の巨匠・南薫造

南薫造画伯 

 南薫造(1883-1950)は,広島県賀茂郡内海町(現・呉市安浦町)に医者の長男として生まれ,明治・大正・昭和を通じて制作活動を続け,多くの優れた作品を残した洋画家です。東京美術学校(現・東京藝術大学)で学び,卒業後は水彩画の本場,イギリスに留学しました。帰国後文展で5回入賞し,中央画壇へのデビューを果たします。その後も精力的に活動を続け,母校である東京美術学校の教授となり,後輩の指導にあたりました。晩年は郷里・安浦に疎開し,瀬戸内海を中心に描き続けました。

 優雅であたたかく,新鮮な南芸術は,文展・帝展・日展などで高く評価され,1944(昭和19)年には帝室技芸員に任命されました。また,多くの芸術家との交流を通じて,日本の近代洋画の発展に大きく貢献しました。

展示内容

特別展示室

 【開催中の特別展】

  特別展 没後70年 南薫造展I  瀬戸内の魅力 [PDF]  詳細ページ

 【今後の特別展】

  • 特別展 没後70年 南薫造展II 愛しき人・親しき風景
  • 特別展 没後70年 南薫造展III 洗練の美 ―日常にひそむもの―

 【これまでの特別展】

小企画

  • 小企画1 インド旅行 ―南薫造が見た風景
  • 小企画2 絵はがきで見る南薫造の画業 ―光風会展編―
  • 小企画3 画家の自筆原稿を読む(2) ―「大久保の逃げ水」ほか―

    南薫造記念館展示スケジュール [PDFファイル/393KB]

ご利用案内

開館時間

    9時~16時30分

休館日

  • 毎週火曜日(祝日の場合はその翌日)
  • 年末年始(12月29日から翌年の1月3日まで)
  • 展示替え期間

    2020年度 南薫造記念館開館カレンダー [PDFファイル/89KB] 

利用方法等

   学校やグループなど団体でご利用の場合は,団体利用申込書  [Wordファイル/17KB]をご提出ください。

料金等

  • 一般 200円(160円) 
  • 高校生 120円(100円) 
  • 小・中学生 80円(60円)
  • ※1 ( )内料金は20名以上の団体料金
  • ※2 呉市内に在住し,呉市内の学校に通学する高校生以下は無料
  • ※3 広島中央地域連携中枢都市圏(竹原市・東広島市・江田島市・熊野町・海田町・坂町・大崎上島町)の小・中・高校生は無料(学生証等,住所と学年が確認できるものが必要)
  • ※4 呉市いきいきパスをお持ちの方,原爆手帳・障害者手帳等をお持ちの方は無料(要証明書)
  • 入館料の減免についてはこちら [PDFファイル/121KB]から

所在地

住所〒737-2519 呉市安浦町内海南2丁目13番10号
電話番号0823-84-6421
Fax番号-
駐車場10台
交通案内JR呉線安浦駅下車 徒歩20分
URL-
E-mail-

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)