ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > まん延防止等重点措置を実施すべき区域の指定を受けての市長メッセージ

まん延防止等重点措置を実施すべき区域の指定を受けての市長メッセージ

皆さんこんにちは。市長の新原芳明です。今日は8月18日水曜日です。

昨日,呉市に「まん延防止等重点措置」が適用されることとなりました。

東京など首都圏や関西圏の感染拡大が広島市へ波及し,更に,呉市へも影響を与えております。これにより,8月中旬から呉市における新型コロナウイルスの感染が大きく増加しています。

直近1週間の10万人当たりの陽性者数が,8月14日公表分において25人を超え,本日8月18日公表分までの1週間で,これまでで最も多い36.0人となっています。

これ以上の感染の拡大を防ぐためには,湯崎広島県知事が訴えておられますように,人と人との接触の機会を減らすことが極めて大事です。

まん延防止等重点措置の実施により,酒類を提供している飲食店等において,新たに酒類の提供を行わないことが要請されます。また,酒類を提供していない飲食店等においても新たに営業時間の短縮が要請されます。いずれも協力支援金が支給されます。

これまでも,市民や事業者の皆様におかれましては,ご努力いただいており,感謝申し上げます。

皆様には,更に,日中も含めた不要不急の外出・移動の自粛をお願いします。 

感染対策が徹底されていない飲食店等や,要請に応じず,酒類を提供していたり,8時以降開いている飲食店等には出入りしないようお願いします。

都道府県間,特に緊急事態措置区域との不要不急の移動,更に同じ県内であっても,まん延防止等重点措置区域との不要不急の往来は,厳に控えていただきますようお願いいたします。

そして,あらためて日常的な健康管理,手洗い,咳エチケット,体温測定の徹底や3密の回避などを実践してください。また,発熱等の症状がある場合は必ず外出を控え,かかりつけ医や保健所に電話でご相談ください。

加えて,「感染リスクが高まる5つの場面」をあらためて確認し避けていただくようお願いします。

なお,市内でも,ワクチン2回接種後に感染した例を複数確認しています。接種後も感染防止対策を行ってください。

また,呉市におけるワクチン接種は,現在145の医療機関による個別接種が,医師会のご協力により順調に進んでいます。 

土・日曜日や夜間における集団接種も,予約が取りにくい状況にありますが,実施しております。広島での大規模接種の予約受付が8月21日から,接種が9月3日から始まります。呉市民も接種することができますので,積極的にご利用下さい。

また,一時中断していた職域接種も進み始めています。

ワクチン接種は,本人の重症化を抑えるだけでなく,感染予防の効果もありますので,是非とも積極的に接種していただきますよう,お願いいたします。

引き続き,市民の皆様の安全・安心のために,新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けて,国や県,医療関係者の皆様とともに,全力で対応してまいります。

令和3年8月18日
呉市新型コロナウイルス感染症対策本部
本部長 呉市長 新原 芳明