ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 日本遺産 > 日本遺産(鎮守府)の変更認定

日本遺産(鎮守府)の変更認定

 旧軍港四市(横須賀市・呉市・佐世保市・舞鶴市)では、平成28年4月25日に共同で認定を受けた「日本遺産」について、構成文化財の変更申請を行い、令和2年6月19日付けで変更が認定されました。

・構成文化財の追加
 「亀ヶ首発射場跡」<外部リンク>
 倉橋島東端に位置し、戦艦「大和」の大砲の試験も行った発射試験場の跡。
 

・構成文化財の名称変更
 【変更前】
  「海上自衛隊呉地方総監部第一庁舎(呉鎮守府庁舎)、地区内のれんが建物群及び旧地下作戦室(旧呉鎮守府司令部地下壕)」
 【変更後】
  「海上自衛隊呉地方総監部第一庁舎(呉鎮守府庁舎)、地区内のれんが建物群及び呉鎮守府地下施設群」<外部リンク>