ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 呉市上下水道局 > 共同住宅の料金の特例制度
  • 上下水道事業のご紹介
  • 上下水道をご利用のお客様へ
  • 工事などを行う事業者の方へ
  • 使用開始・中止
  • 断水・濁水情報
  • 料金について
  • Q&A
  • 連絡先
  • メールでのお問い合わせ

共同住宅の料金の特例制度

 受水槽の設置を条件に給水しています共同住宅では,上下水道局が1個のメータを設置し,2か月に1回検針し,建物全体を1戸として料金を算定することとなります。
 この場合,各世帯の水道料金は,1戸建ての使用者に比べて割高になることがあります。
 そこで,上下水道局では,一定の条件を満たした場合に1戸建てと同様の料金算定をすることとしています。

 その方法は,建物全体の使用水量から入居戸数分の基本水量を定めて入居者が均等に使用したものとみなして水道料金を計算し,一括して建物の管理責任者等に請求いたします。(局から入居者ごとに請求はしません。 )

適用の条件

  1. 受水槽設置住宅であること
  2. 各世帯が独立し,個別に私設メータが設置されていること
  3. 家事用または店舗用若しくは事務所等として使用するもの

届出の方法

 建物の所有者または管理者の方は,「共同住宅等の水道料金等算定特例適用申請書」(上下水道局指定の様式)に必要事項を記入して上下水道局に掲出してください。
 また,適用の条件に変更が生じた場合は,「共同住宅等の水道料金等算定特例変更申請書」(上下水道局指定の様式)を提出してください。