ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 呉市上下水道局 > 排除汚水量の減量の認定について
  • 上下水道事業のご紹介
  • 上下水道をご利用のお客様へ
  • 工事などを行う事業者の方へ
  • 使用開始・中止
  • 断水・濁水情報
  • 料金について
  • Q&A
  • 連絡先
  • メールでのお問い合わせ

排除汚水量の減量の認定について

 排除汚水量(下水道への排水量)については,通常,上水の使用水量を排除汚水量とみなしますが,冷却塔(クーリングタワー)の使用により蒸発する水・氷やコンクリート等の製造で製品に含まれる水は,下水道には排出されません。このように,使用水量と実際の排除汚水量に差がある場合,減量の認定の基準に適合すれば,申請により排除汚水量を減量して認定することができます。

 なお,申請に際しては,下記1〜4の書類が必要になります。

 また,排除汚水量の認定に伴い,排除汚水量測定用のメータ(個人設置)を設置される場合は,計量法の規定に基づき8年に1回の更新(更新に係る費用は設置者負担)が必要となりますので,ご注意ください。

 

 出口管理による新規認定について

 排除汚水流量計を設置して排除汚水量を直接測定する方法(出口管理)による減量認定については,技術的な観点から,新規認定を中止していましたが排除汚水量認定に使用する汚水流量計の基準 [Wordファイル/33KB]に基づき,新規申請の受付を開始します。なお,申請時に,下記1〜4の書類のほか,5の書類も必要となります。

 

申請書類

  1. 排水量の認定申請書 
  2. 排除汚水量等の認定に係る流量計についての覚書
  3. 排除汚水量測定用流量計の設置場所が記載されている給水図面
  4. 排除汚水量測定用流量計の写真(設置時の指針・検満時期の写ったもの)
  5. 排除汚水量認定に使用する汚水流量計の仕様報告書及び定期検査報告書 (出口管理の場合のみ必要)

(注)2〜5は,排除汚水量測定用流量計(個人設置)を設置する場合に必要となります。