ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 呉市上下水道局 > 下水道事業のあゆみ
  • 上下水道事業のご紹介
  • 上下水道をご利用のお客様へ
  • 工事などを行う事業者の方へ
  • 使用開始・中止
  • 断水・濁水情報
  • 料金について
  • Q&A
  • 連絡先
  • メールでのお問い合わせ

下水道事業のあゆみ

 呉市の下水道事業は,昭和33年に下水道法による事業認可を受けて事業に着手して以来,都市形態の変化に伴う計画処理区域の拡大,汚水量の増加等に対応した事業計画の変更を行いながら,新宮,広及び天応処理区の整備を進めてきました。

 また,平成16年及び平成17年の合併により,新たに川尻,音戸北部,本浦,倉橋中央,蒲刈及び安浦の6処理区が加わり,呉市全体で9処理区となりました。   

 現在の下水道事業は,計画処理区域面積4,466.5ha,計画処理人口202,350人,1日最大処理能力114,350㎥の事業計画を策定し,事業を推進しています。

 平成24年3月,音戸北部浄化センターの完成に至り,平成26年度末現在の人口普及率は,86.3%となっています。

 雨水整備については,大雨時の浸水被害の軽減を目的に,河川整備や水路整備等との調整を図りながら推進しています。現在は,近年の浸水被害状況を踏まえて,広東地区を中心に整備を進めています。

 
下水道事業
昭和331958呉市下水道築造計画を策定
  事業認可を受け,下水道整備事業に着手
昭和441969新宮浄化センター1次処理施設供用開始
昭和451970新宮浄化センター2次処理施設供用開始
昭和491974広浄化センター1次処理施設供用開始
昭和511976広浄化センター2次処理施設供用開始
昭和601985新宮浄化センター第2処理施設供用開始
平成31991川尻浄化センター供用開始
平成61994天応浄化センター供用開始
平成91997安浦浄化センター供用開始
平成132001赤石浄化センター供用開始
平成152003本浦浄化センター供用開始
平成172005平成の大合併 近隣8町との合併完了
平成242012音戸北部浄化センター供用開始
平成252013上下水道局発足
平成262014倉橋中央浄化センター供用開始