ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

呉市男女共同参画推進条例


 くれ男女共同参画推進条例

 くれ男女共同参画推進条例が、平成13年12月議会において全会一致で可決され、同年12月21日に施行されました。
 この条例づくりでは、市民の意見を十分反映しようと、「市民参加のワークショップ」「企業・学生アンケート」「市民意見募集」等が行われました。
 出された多くの意見を「呉市男女共同参画推進懇話会」で検討し、条例の形にまとめました。
 特に市、市民、事業者の三者が協働して取り組むという条文は、呉らしく、みんなで考え・みんなで決めた・みんなの条例となっています。

くれ男女共同参画推進条例 [PDFファイル/16KB]

くれ男女共同参画推進条例の概要

条例パンフレット [PDFファイル/2.33MB]


 男女共同参画ってなに?

  女性と男性が、対等なパートナーとして家庭、職場、学校、地域などのあらゆる分野に対等に参画し、等しく利益を受け、共に責任を担い合うことです。

なぜ、男女共同参画の条例が必要なの?

  仕事やボランティアなど、さまざまな分野で女性の活躍が見受けられます。
  しかし「男は仕事、女は家庭」といった性別による固定的な役割分担に基づく意識や社会慣行は、依然として根強く、多くの人が男女間の不平等を感じています。
  少子・高齢化社会を迎えた今、女性の力は社会に欠かせないものとなっています。
  男性も女性も、持てる個性と能力を十分発揮することができる男女共同参画社会の実現は、21世紀の最重要課題です。
  そのためには、市民一人ひとりの取組が必要であり、そのよりどころになるものとして、男女共同参画を推進する条例を制定しました。

6つの基本となる理念が決められています。

  • 男女の人権の尊重
  • 社会における制度または慣行についての配慮
  • 政策または方針の立案及び決定への共同参画
  • 家庭生活における活動と職業生活その他の活動との両立
  • 性と生殖に関する権利の尊重と健康への配慮
  • 国際社会の取組との協調

してはいけないことは、次の3つ!! みんなで守りましょう。

  • あらゆる分野での、性別を理由とする差別的取り扱いの禁止
  • あらゆる分野での、セクシュアル・ハラスメントなどの禁止
  • 配偶者などに身体的・精神的な苦痛を与える暴力行為の禁止

市役所が具体的に取り組むことは?

  • 基本計画を策定
  • 年次報告を作成
  • 市の政策・方針決定過程への女性の参画推進
  • 男女共同参画に関する教育、学習の振興
  • 家庭生活と職業生活その他の活動の両立支援
  • 情報収集と調査研究
  • 市民の理解を深めるための措置
  • 男女共同参画の推進に向けた支援
  • 苦情または相談への対応
  • 男女共同参画推進審議会

みんなが、取り組むことは?

市役所の役割男女共同参画社会の形成に向けての責任を自覚する。
  • 実施するあらゆる施策(積極的改善措置を含む)に男女共同参画の視点を取り入れ関係機関と連携しながら、総合的かつ計画的に施策を実施する。
  • 市民、事業者と協働して取り組む。
  • 施策を推進するために必要な財政上の措置を講ずる。
市民の皆さんの役割
  • 男女の性別による差別的取り扱いを排除するとともに、固定的な役割分担意識に基づく制度や慣行を改善するよう努める。
  • 家庭、職場、学校、地域その他の社会のあらゆる分野において、男女共同参画に向けて積極的に取り組む。
事業者の皆さんの役割
 
  • 男女が職場における活動に対等に参画する機会の確保に努める。
  • 職場生活における活動と、育児や介護の家庭生活における活動その他の活動とを、両立して行うことができる職場環境を整備するよう努める。
  • 事業活動に関し、男女共同参画の推進に積極的に取り組む。
  • 市が実施する男女共同参画に関する施策に協力する。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)