ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 財政・財産 > 予算・決算 > 平成30年度8月補正(専決)(平成30年8月7日)

平成30年度8月補正(専決)(平成30年8月7日)


平成30年8月補正(専決)予算の概要 

 平成30年7月豪雨災害による被災に伴い,緊急対応が必要な災害救助・災害復旧等に要する経費を補正予算(専決処分)として計上しました。

 ※平成30年8月7日に専決処分した補正予算は,9月の市議会定例会で承認されました。

平成30年7月豪雨災害に伴う補正予算の専決処分 記者発表市長コメント

 本日,平成30年7月豪雨災害に対応するための補正予算を決定し,専決処分しましたので,その内容をお知らせいたします。

 あらためて,この度の災害によりお亡くなりになられた24名の方々,そしてご家族の皆様に心からお悔やみ申し上げます。
いまだになお,お一人の方の安否が分かっていません。ご家族やご友人のご心痛をお察しいたします。また,負傷や被災された皆様,現在も避難所で生活されている皆様には,お見舞い申し上げます。

 この1か月間,被災者の救助,行方不明者の捜索,避難所・各市民センターでの被災者支援,断水に対する給水の手配,被災状況の調査,仮入居用の住宅確保など,被災された皆様の救助活動や生活再建に精一杯取り組んでまいりました。また,道路・河川の土砂撤去,水道施設の早期復旧等インフラの機能回復にも努め,二次被害防止のための安全対策にも全力で取り組んでまいりました。
  これらの取組は,国,県,他の自治体,自衛隊,復旧工事関係者,地域の皆様,多くのボランティアの皆様のご支援により行ってまいりました。
 加えて,寄付金,義援金や支援物資など,多くの企業や団体,個人の皆様から多大なご支援をいただいております。
 様々なご支援とご尽力いただいた関係各所の皆様に,厚く御礼申し上げます。

 今回の豪雨による被害は,過去に類を見ないほど広範囲で大規模なものとなりました。こうした甚大な被害へ迅速に対応するため,本日付けで補正予算を専決処分いたしました。

 この度の補正予算額は,総額で332億円でございます。そのうち,一般会計の額は320億円で,過去最大の補正予算額となりました。これは,本年度の当初予算988億円の3分の1に相当する額で,補正後の一般会計予算額は1,308億円となり,これも過去最大の年間予算額となったものです。
 私は,この補正予算に盛り込んだ事業を速やかに実行し,被災された皆様の生活再建とインフラ等公共施設の復旧に速やかにかつ着実に取り組んでいく所存でございます。
  また,今後,更に予算が必要になる場合には,補正予算を追加して対応してまいります。

 今後も引き続き,市民の皆様が被災前の当たり前の生活を取り戻せるよう,そして,呉市の復興に向け,呉市を災害に強い幸せで魅力ある都市として復活,再生できるよう,市民の皆様と力を合わせて全力を尽くしてまいります。

 

平成30年8月7日

 呉市長 新原芳明

 

問合先

財政課  電話 0823-25-3278

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)