ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 危機管理課 > 平成30年7月豪雨の災害被災地を対象とした避難勧告等の発令基準の特例運用(8月12日更新)

平成30年7月豪雨の災害被災地を対象とした避難勧告等の発令基準の特例運用(8月12日更新)


平成30年7月豪雨により、市内の一部地域では、今後の降雨により山肌に残存する不安定な土砂や岩石による再度の土砂災害、河川に大量の土砂が堆積した影響で発生する洪水災害が懸念されます。

このため,市内の一部区域に,早く避難していただくために避難勧告等を発令する時期を他の地域より早めた特例の基準を定めています。

当該地域の皆様をはじめ,市民の皆様は,今後の天気予報や天候の状況に十分注意してください。

 

※ 8月11日15時,8月12日13時に,応急対策がおおむね完了した一部地域において運用を終了しました。

 

8月11日に終了した地域

  • 吉浦地区

  吉浦上城町,吉浦岩神町,吉浦松葉町,吉浦中町3丁目,吉浦本町3丁目,吉浦東本町2丁目

 

  • 広地区

  広石内3丁目,4丁目

 

 ※天応地区,音戸地区,安浦地区については変更はありません。

8月12日に終了した地域

  • 天応地区

    天応福浦町,天応伝十原町

 

   ※音戸地区,安浦地区については変更はありません。

一覧

  吉浦地区 [PDFファイル/339KB]

  天応地区 [PDFファイル/371KB]

  広地区 [PDFファイル/102KB]

  音戸地区 [PDFファイル/117KB]

  安浦地区 [PDFファイル/372KB]

  

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)